TOP > アカデミー賞 > 「I’m Not There」ケイト・ブランシェットが主演部…

「I’m Not There」ケイト・ブランシェットが主演部門にスイッチ?

アカデミー賞 記事:2007.11.27

「I’m Not There」でボブ・ディランを演じたケイト・ブランシェットが、有力視されている助演部門から主演部門にスイッチするという噂がまことしやかに囁かれている。監督のトッド・ヘインズが、ブランシェットは映画に40分以上も出演しているのだから主演扱いがふさわしい、と発言したのを受けてのもの。
ただ、配給のワインスタイン・カンパニーはこのスイッチには消極的で、ブランシェットにとって最良の戦略ではない、とコメントしているようだ。このあたりの判断はさすがにアカデミー賞戦略に長けたワインスタインというべきか。


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果は以下の通り。 作品賞 : グリーンブック 監督賞 : アルフォンソ・キュアロン(RO […]

★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

開催前からこれほどすったもんだを繰り返した授賞式も記憶にない。第91回アカデミー賞授賞式は事前から大きな不安を […]