TOP > アカデミー賞 > 「I’m Not There」ケイト・ブランシェットが主演部…

「I’m Not There」ケイト・ブランシェットが主演部門にスイッチ?

アカデミー賞 記事:2007.11.27

「I’m Not There」でボブ・ディランを演じたケイト・ブランシェットが、有力視されている助演部門から主演部門にスイッチするという噂がまことしやかに囁かれている。監督のトッド・ヘインズが、ブランシェットは映画に40分以上も出演しているのだから主演扱いがふさわしい、と発言したのを受けてのもの。
ただ、配給のワインスタイン・カンパニーはこのスイッチには消極的で、ブランシェットにとって最良の戦略ではない、とコメントしているようだ。このあたりの判断はさすがにアカデミー賞戦略に長けたワインスタインというべきか。


★ PICK UP ★

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞ノミネーション サプライズ(残念)落選 監督賞:レジーナ・キング(あの夜、マイアミで) 助 […]