TOP > 映画レビュー > 映画はスターを愛でるもの — 「ジョン・カーター」レビュー…

映画はスターを愛でるもの — 「ジョン・カーター」レビュー

映画レビュー 記事:2012.04.14

John-Carter_011

この映画を観ると、映画製作の難しさをあらためて思い知らされる。

ピクサー映画で観客の心を掴む術を習熟しつくしてきたはずの監督が実写映画製作のエキスパートたちをスタッフに招集し、SFの起源とされる傑作小説を不自由ない予算でありったけの想像力を注ぎ込んで映像化。その結果がこんな残念なシロモノに仕上がるなんて、想像力豊かなアンドリュー・スタントンもさすがに思いもよらなかっただろう。

スタントンの作り出したバルスームの造形は見事だ。創造しつくされた感のあるSF映画クリエイティブにあって、オリジナルと呼べる個性を発揮している。スタントンの想像力を支える映像技術も申し分ないクオリティで、火星への旅をリアルに見せてくれる。

続きを映画レビューサイトFreak!で読む


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]