TOP > 映画レビュー > しょうもない最後の台詞がすべてを語る ― 「ザ・マスター」レビュー…

しょうもない最後の台詞がすべてを語る ― 「ザ・マスター」レビュー

映画レビュー 記事:2013.10.20

the-master-dvdfab

※このレビューにはネタバレが含まれています。

いきなりケジラミを退治する方法を説く主人公の姿から始まるときた。「容疑者ホアキン・フェニックス」から何十キロ減量したんだと驚く痩身のホアキンが、苦渋に満ちたような、それでいていたずらっぽい笑みを浮かべながら「タマに火をつけるんだ」と得意げにのたまう。かと思えば、浜辺に砂で作った女体に覆い被さって盛んに腰を振る。

第二次大戦後の50年代を舞台に、戦争のトラウマで精神に異常を来した男と、彼を立ち直らせようとするマスターの関係が描かれる。男が作ったあやしげな酒をうれしそうにあおり、人心掌握に長けたカリスマが次第に男を虜にしていく。だが一方で、生来の欲望と衝動を抑えられない男はマスターの意に反した行動を繰り返し、やがて彼と袂を分かつ。

続きを映画レビューサイトFreak!で読む


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]