TOP > アカデミー賞 > ナショナル・ボード・オブ・レビューはスパイク・ジョーンズ監督新作「Her…

ナショナル・ボード・オブ・レビューはスパイク・ジョーンズ監督新作「Her」に栄冠

アカデミー賞 記事:2013.12.06

her-spike-jonze-1

アカデミー賞前哨戦として重要な位置付けとなるナショナル・ボード・オブ・レビューは、「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」のスパイク・ジョーンズ監督新作「Her」が作品賞・監督賞を受賞。昨年は「ゼロ・ダーク・サーティ」が選出されているように、例年アカデミー賞との直結度はさほど高くないが、賞レース序盤に発表される賞の中では重要度が高い。

主演男優賞、助演男優賞は「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」で父子を演じたブルース・ダーンとウィル・フォーテが受賞。カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した前者はオスカー候補の呼び声も高いが、サタデー・ナイト・ライブ出身のコメディアンである後者もこの受賞でオスカー戦線に堂々の参戦資格を得た。

主演女優賞は「メリーポピンズ」原作者であるパメラ・L・トラヴァースを演じたエマ・トンプソン(ウォルト・ディズニーの約束)が受賞。監督のジョン・リー・ハンコックは「しあわせの隠れ場所」でサンドラ・ブロックにオスカー像をプレゼントした実績があるだけに、今回トンプソンに2度目のオスカー像をもたらす可能性は低くない。

助演女優賞には「ヘルプ 心をつなぐストーリー」でオスカーを受賞したオクタヴィア・スペンサー(Fruitvale Station)が選ばれた。ある黒人青年の悲劇を描く小品だが、配給を務めるのはアカデミー賞ハンターのワインスタイン・カンパニーだけに強力キャンペーンで2度目のオスカー像に手が届くかもしれない。

長編アニメ映画賞は「風立ちぬ」が受賞。これでNY批評家賞に続き2冠目。このまま前哨戦独走が続くようならオスカー受賞も間違いない。

 

ナショナル・ボード・オブ・レビュー

■ 作品賞
★Her(監督:スパイク・ジョーンズ)

Next 9(アルファベット順)
12 Years a Slave(監督:スティーヴ・マックイーン)
Fruitvale Station(監督:ライアン・クーグラー)
ゼロ・グラビティ(監督:アルフォンソ・キュアロン)
Inside Llewyn Davis(監督:ジョエル&イーサン・コーエン)
ローン・サバイバー(監督:ピーター・バーグ)
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(監督:アレクサンダー・ペイン)
プリズナーズ(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
ウォルト・ディズニーの約束(監督:ジョン・リー・ハンコック)
LIFE!(監督:ベン・スティラー)
ウルフ・オブ・ウォールストリート(監督:マーティン・スコセッシ)

■ 監督賞
★スパイク・ジョーンズ(Her)

■ 主演男優賞
★ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)

★■ 主演女優賞
エマ・トンプソン(ウォルト・ディズニーの約束)

■ 助演男優賞
★ウィル・フォーテ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)

■ 助演女優賞
★オクタヴィア・スペンサー(Fruitvale Station)

■ アンサンブル演技賞
★プリズナーズ

■ ブレイクスルー男優賞
★マイケル・B・ジョーダン(Fruitvale Station)

■ ブレイクスルー女優賞
★アデル・エグザルチョプーロス(アデル、ブルーは熱い色)

■ 新人監督賞
★ライアン・クーグラー(Fruitvale Station)

■ 脚本賞
★ジョエル&イーサン・コーエン(Inside Llewyn Davis)

■ 脚色賞
★テレンス・ウィンター(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

■ アニメーション映画賞
★風立ちぬ(監督:宮崎駿)

■ 外国語映画賞
★The Past(イラン)

Next 5(アルファベット順)
汚れなき祈り(ルーマニア)
グロリアの青春(チリ)
グランド・マスター(香港)
シージャック(ベルギー)
偽りなき者(デンマーク)

■ ドキュメンタリー映画賞
★物語る私たち

Next 5(アルファベット順)
20 Feet from Stardom
殺人という行為
After Tiller
Casting By
The Square

■ スポットライト賞
★マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオの
キャリア・コラボレーション

■ 映画製作における創造的革新賞
★ゼロ・グラビティ

■ 表現の自由賞
★少女は自転車にのって

■ ウィリアム・K・エヴァーソン映画史賞
★ジョージ・スティーヴンス・ジュニア

インディペンデント映画トップ10(アルファベット順)
Ain’t Them Bodies Saints(監督:デヴィッド・ローリー)
ダラス・バイヤーズクラブ(監督:ジャン=マルク・ヴァリー)
In a World…(監督:レイク・ベル)
Mother of George(監督:アンドリュー・ドスンム)
Much Ado About Nothing(監督:ジョス・ウェドン)
MUD マッド(監督:ジェフ・ニコルズ)
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命(監督:デレク・シアンフランス)
Short Term 12(監督:デスティン・クレットン)
サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド(監督:ベン・ウィートリー)
The Spectacular Now(監督:ジェームズ・ポンソルド)


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]