TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2014年4/25~4/27】 キャメロン・ディ…

【全米ボックスオフィス 2014年4/25~4/27】 キャメロン・ディアス主演コメディー「The Other Woman」がキャップのV4を阻止!トム・ハーディ主演作が限定公開で大ヒット!

全米ボックスオフィス(4/25~4/27)

BmRGwaPCYAAW7rK.jpg large
■1位
キャメロン・ディアス主演のコメディー「The Other Woman」が全米3205館で公開され、OP興収2470万ドルで首位デビュー。三股をかけられていた女性たちが男に一泡吹かせるために徒党を組む。ニック・カサベテス監督。

BmRH7k8CQAAC1zB.jpg large
■5位
故ポール・ウォーカーが遺した主演アクション「Brick Mansions」が全米2647館で公開され、OP興収960万ドルで5位に初登場。フランス製大ヒット映画「アルティメット」をハリウッドリメイク。

BmRJWxSCcAAtsXT.jpg large
■7位
超常現象を生み出す人間の心理を解明せんとする男の顛末を描くホラー映画「The Quiet Ones」が全米2027館で公開されるも、OP興収400万ドルで7位デビューと振るわず。主人公の大学教授役にジャレッド・ハリス。

BmRLPRCCYAAFnzC.jpg large
■限定公開
運転中に電話で脅迫を受けたトム・ハーディの鬼気迫る独演が炸裂するスリラー「Locke」が全米4館で限定公開され、館アベレージ2万2000ドルとヒット。監督・脚本は「イースタン・プロミス」のスティーヴン・ナイト。批評家も絶賛。


★ PICK UP ★

アメリカ俳優組合賞ノミネーションは波乱含み!「アリー スター誕生」が最多4部門ノミネート!

アメリカ俳優組合賞ノミネーションは波乱含み!「アリー スター誕生」が最多4部門ノミネート!

アカデミー賞演技賞部門を占う上で最重要視されるアメリカ映画俳優組合賞(SAG)ノミネーションが発表された。 主 […]