TOP > 映画ニュース一覧 > 映画「死霊館」が裁判沙汰に発展…

映画「死霊館」が裁判沙汰に発展。映画の原作にあたる「The Demonologist」の執筆者が、WB側が承諾なしに映画化を進めたとして9億ドルにのぼる損害賠償の訴訟を起こし、裁判所がWB側の召喚を認めた。スピンオフ映画ふくめ大成功中のシリーズだけに今後の動向に注目が集まる。 https://t.co/JxViWqQjNJ

2017.08.29の記事
元記事で読む→
★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]