TOP > 映画ニュース一覧 > レコード会社の社長を演じたマイ…

レコード会社の社長を演じたマイク・マイヤーズは出世作「ウェインズ・ワールド」で仲間と♪ボヘミアン・ラプソディを熱唱。実は当時、この選曲は間違いだとお偉方に反対されたが、フレディ同様、反対を押し切って曲を採用させた。結果、映画も楽曲も大ヒット。#ボヘミアンラプソディ #ボラプトリビア https://t.co/3kiRlSzl3x

2019.01.09の記事
元記事で読む→
★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果は以下の通り。 作品賞 : グリーンブック 監督賞 : アルフォンソ・キュアロン(RO […]

★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

開催前からこれほどすったもんだを繰り返した授賞式も記憶にない。第91回アカデミー賞授賞式は事前から大きな不安を […]