TOP > アカデミー賞 > [有力コンテンダー紹介] There Will Be Blood…

[有力コンテンダー紹介] There Will Be Blood

アカデミー賞 記事:2007.07.03

There Will Be Blood

パラマウント・ヴァンテージ   11.21 Release

監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、シアラン・ハインズ

物語
1920年代のテキサスが舞台。野心あふれる採掘者プレインヴュー(デイ=ルイス)が、油田を発見し大物実業家にのし上がるが、政治家の汚職事件に巻き込まれる。


解説
原作は社会派作家アプトン・シンクレアが1927年に発表した『石油!』。ハーディング大統領時代の政治汚職「ティーポット・ドーム事件」に絡めて野心家の実業家を描いている。この格調高き原作に、今までは己の脚本作のみを演出してきたPTAことポール・トーマス・アンダーソンが挑む。彼が劇場公開作のメガホンをとるのは2003年『パンチドランク・ラブ』以来。PTAの剛腕演出と「超役者バカ一代」デイ=ルイスの演技力がどのようなケミストリーを醸し出すのか。期待は膨らむ一方。一方では脇役者(特に女優陣)の地味さは気になるところだが・・・『リトル・ミス・サンシャイン』でブレイクしたポール・ダノに期待しよう。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]