TOP > 映画レビュー > 安い人情劇に終始する展開にがっかり — 「憑神」レビュー…

安い人情劇に終始する展開にがっかり — 「憑神」レビュー

映画レビュー 記事:2007.07.06

D8E1BFC0

楽しく見られたのはコメディリリーフ的役回りの西田敏行登場シーンくらいか。設定は面白いのにまるで生かしきれていない。工夫もなく安い人情劇に終始するのは、多作浅田次郎の単なる手抜きか?その浅田が得意気に登場するラストシーンでは口あんぐり。それ、何の意味が?

それでも降旗の演出による幕末風景はそれなりに説得力があったし、二八そば屋のおやじに扮した香川照之や手書きのエンドクレジットが楽しかったので星1つオマケ。


★ PICK UP ★

ゴールデン・グローブ賞最多ノミネートは「Vice」!「アリー スター誕生」「グリーンブック」が続く

ゴールデン・グローブ賞最多ノミネートは「Vice」!「アリー スター誕生」「グリーンブック」が続く

今年のゴールデン・グローブ賞最多ノミネートの栄誉を勝ち取ったのは、伏兵「Vice」。「マネー・ショート 華麗な […]