TOP > 映画レビュー > 前作の創造力再現はならず — 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」レビュ…

前作の創造力再現はならず — 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」レビュー

映画レビュー 記事:2007.07.24

A5CFA5EAA1BCA5DDA5C3A5BFA1BCA4C8C9D4BBE0C4BBA4CEB5B3BBCEC3C4

前作「~炎のゴブレット」の見事な創造力再現を期待したものの、今回は起伏のない退屈な物語展開のせいもあってスチュアート・クレイグ率いる美術チームが手腕を振るうシーンが限定されてしまった。3作目でアルフォンソ・キュアロンが打ち出したダーク路線を踏襲して新たなファン層を獲得したハリポタだが、物語自体は相変わらず子供向けで決して大人がワクワクする類のものではない。

今回もどうでもいい話を尻が痛くなる思いをしながら眺めさせられるわけだが、そこにクレイグのイマジネーションが同居しないのでは我慢の意味がない。

かろうじて楽しめるのは新登場イメルダ・スタウントンの嬉々とした怪演くらいか。


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

「ROMA ローマ」の最多ノミネートは、ここ数年のうちに実は起きていた映画ビジネスの大きな変換を顕在化してしま […]