TOP > 映画レビュー > スパイスなしの口当たりよい無難料理 — 「幸せのレシピ」レビュー…

スパイスなしの口当たりよい無難料理 — 「幸せのレシピ」レビュー

映画レビュー 記事:2007.07.24

img524683d0zik6zj

軽快な音楽、スタイリッシュな美術、お洒落な会話、そして美男美女。どこかで見たようなお決まりのシーンを羅列し、ロマコメの王道をこれでもかと追求した結果がこの何ともむず痒くなるような居心地の悪さだ。撮影も編集も素晴らしい仕事を見せているだけに、脚本の弱さと演出の底の浅さが際立つ。この分野に不慣れなスコット・ヒックス監督が必要以上にジャンル映画に染まろうとした結果、器用さだけが目立つ、全くスパイスの効いていない口当たりがいいだけの作品に仕上がってしまった。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]