TOP > 映画レビュー > 人間の滑稽さ浮き彫りにするリアル喜劇 — 「100万ドルのホームランボー…

人間の滑稽さ浮き彫りにするリアル喜劇 — 「100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!」レビュー

映画レビュー 記事:2007.08.02

maxresdefault

ボンズのハンク・アーロン超えまであと2本。ステロイド疑惑のせいで本拠地以外ではお祭りムードなしとの報道だが、この映画はまだボンズが純度100%のヒーローだった頃のお話。ホームランボール1つでこれだけ醜く争えるアメリカ人の国民性を笑う一方、ポポフのような貪欲な自己顕示なくしては成立しないドラマもあるのだと妙な感慨を覚える。さて次なるボンズの記録達成時にはどんなドラマが生まれる?


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]