TOP > アカデミー賞 > 2007 アカデミー賞 助演男優賞 有力コンテンダー…

2007 アカデミー賞 助演男優賞 有力コンテンダー

アカデミー賞 記事:2007.09.28

現在この部門をリードしているのは、カンヌ国際映画祭で高評価を集めた「No Country For Old Men」でシーン・スティラーとして存在感を発揮していると話題のハヴィエル・バルデムだ。己の目的のために邪魔者を次々と消していく冷酷な殺し屋役で強烈なインパクトを放っているようで、ノミネートはまず堅いともっぱらの噂。現時点で頭2つ抜け出したコンテンダーといえるだろう。


その他はまだ強力といえるほどのコンテンダーはおらず、横一線の状態だ。フォックス・サーチライト配給の小品「The Savages」で主人公たちの病床の父を演じるフィリップ・ボスコは、今年77歳の大ベテラン。最近は「ロー&オーダー」などTV番組で活躍している。助演男優部門は殊更老優に優しい部門なので、ボスコのキャリアが票につながる可能性あり。

「Michael Clayton」のトム・ウィルキンソンもキャリアを評価されていい俳優の1人。「イン・ザ・ベッドルーム」で主演賞候補の経験あるが、もっと評価されていい演技派だ。今回の映画にはかなりの見せ場が用意されているようで、二度目の候補も十分だ。

主演賞部門でも有力視されるフィリップ・シーモア・ホフマンだが、確率的にはこちらのほうが上か。もともと脇を固めるタイプの俳優で、二度の主演賞受賞はイメージしにくい。将来もう1つオスカー像を授与されるとしたら助演部門だろう。

若手のポール・ダノにも要注目。昨年、「キング/罪の王」「リトル・ミス・サンシャイン」でブレークした演技派で、特に後者では類稀な演技のセンスを見せ付けた。一見してタダモノではない風貌からも今後重宝されそうな個性派で、先物買いが好きなアカデミー会員好みの逸材と言える。

既に公開された映画の中では、「Eastern Promises」のアーミン・ミューラー=スタールが筆頭。「Away From Her」でジュリー・クリスティと共演するベテラン、ゴードン・ピンセント、女装が話題のジョン・トラヴォルタ(ヘアスプレー)にもチャンスがありそうだ。

2007 アカデミー賞助演男優賞 有力コンテンダー リスト


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]