TOP > 映画レビュー > 奇抜なコンセプト生かせず ― 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」レビュー…

奇抜なコンセプト生かせず ― 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」レビュー

映画レビュー 記事:2007.10.03

79cd7db9

ワクワク出来たのはタラ出演のオープニングのみ。あのハジけぶりで最後まで突っ走って欲しかったが、伊藤英明が登場して本編が始まると途端にトーンダウンしてツマラなくなる。工夫のないビジュアルに無駄な背景説明、ありふれたキャラ描写……。奇抜なコンセプトの割に真面目すぎる展開・演出に面食らう。もっとナンセンスに、勢いで観客を置き去りにするくらいのパワーが欲しかった。

“ジャンゴ”についてのオチも蛇足。ジャンゴが何者かわからなくたっていいだろう。この変な生真面目さが作品の勢いを殺いでいる。タラが「アニメオタクだからダー」と渾身の設定無視超絶脱線を見せるが、西部劇へのオマージュからか、三池は最後まで枠の外へ冒険するのを躊躇ったまま。サブちゃんの主題歌リメイクや演者自身による日本語吹き替え版など、アイデア満載の企画コンセプトが生かされないジレンマ。ジツに勿体無い。


★ PICK UP ★

ゴールデン・グローブ賞最多ノミネートは「Vice」!「アリー スター誕生」「グリーンブック」が続く

ゴールデン・グローブ賞最多ノミネートは「Vice」!「アリー スター誕生」「グリーンブック」が続く

今年のゴールデン・グローブ賞最多ノミネートの栄誉を勝ち取ったのは、伏兵「Vice」。「マネー・ショート 華麗な […]