TOP > アカデミー賞 > クルーニー新作「Michael Clayton」を批評家激賞!…

クルーニー新作「Michael Clayton」を批評家激賞!

アカデミー賞 記事:2007.10.05

ジョージ・クルーニーが法の世界の汚れ仕事から抜け出そうともがく男を演じる「Michael Clayton」が全米公開され、批評家からの絶賛を浴びている。「ボーン・アイデンティティ」シリーズの脚本を手がけたトニー・ギルロイの監督デビューとなる本作は、クルーニーの知名度と批評家の後押しを受けて一躍アカデミー賞レースの主要コンテンダーに躍り出た。


完全に成熟して知的な物語で、70年代の社会派傑作「大統領の陰謀」「コールガール」「コンドル」らを思わせる出来。キャストの演技も完璧で、クルーニーは持ち前のスターパワーを十二分に発揮する魅力的なパフォーマンスを披露。ティルダ・スウィントンシドニー・ポラックの演技も素晴らしい。だが、特に賛辞を集めているのは、物語のキーマンを演じるトム・ウィルキンソン。狂気にとり憑かれた男を決して大仰になることなく演じており、「ネットワーク」のピーター・フィンチに匹敵する熱演。2度目のアカデミー賞候補が現実味を帯びてきた。

ヴェネチア国際映画祭では無冠に終わったものの、米批評家の熱烈な支持を受け、アカデミー賞戦線では作品、監督、主演男優、助演男優、助演女優、脚本などの主要部門でトップコンテンダーとなりそうだ。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]