TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 「エリザベス」続編轟沈!ブラックパワー…

[Weekend Report] 「エリザベス」続編轟沈!ブラックパワー炸裂!

ブラック層に人気の監督兼俳優タイラー・ペリーの新作「Tyler Perry’s Why Did I Get Married」が2011館の中規模公開ながら、ライバルを抑え見事に首位デビューを飾った。
3日間興収2100万ドルと立派な数字をたたき出し、改めて抜群の集客力を証明した。2005年に「Diary of a Mad Black Woman」で5000万ドル超を売り上げると、2作目の「Madea’s Family Reunion」も6000万ドルを超えるヒット。今春に公開された「Daddy’s Little Girls」こそ3000万ドルと低迷したが、今回のヒットでキャリアも再び上向きになりそうだ。


限定公開でのヒットを受けて、一気に2511館まで拡大した「Michael Clayton」は3位にランクアップ。ただし、1館あたりのアベレージは大きく落ち込んでおり、期待を裏切る結果となってしまった。ジョージ・クルーニーの神通力も今ひとつで、このまま尻すぼみの興行に終わるようだとアカデミー賞戦線での活躍も厳しくなってくる。

4位には2362館で公開の「We Own The Night」が入った。カンヌ国際映画祭のコンペ部門にも出品された本作は、「リトル・オデッサ」でヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞した新鋭ジェームズ・グレイの新作で、ホアキン・フェニックスとマーク・ウォルバーグが兄弟を演じる。
3日間興収は1100万ドルと、集客しにくいジャンルにしてはマズマズ。BoxOffice実績も豊富なウォルバーグの集客力が発揮された格好だろう。

こちらもアカデミー賞戦線で大きな期待を背負って公開された「エリザベス:ゴールデン・エイジ」だが、2001館の公開で610万ドルと全く冴えず。批評家からも厳しい評価で迎えられ、アカデミー賞戦線から完全に脱落してしまった。
もともと主演のケイト・ブランシェットが「続編の必要性を感じない」と出演を渋っていたものを、ゴリ押しして実現した企画。このあたりの先入観も大きくマイナスに働いたに違いない。

限定公開組では、7館で公開の「Lars and the Real Girl」がアベレージ12000ドルとマズマズ。批評家の評価も高く、主演のライアン・ゴズリングが再度のアカデミー賞ノミネートかと期待されているだけにもう少し数字を伸ばしておきたい。

9館で公開の「Sleuth」はアベレージ5500ドルと冴えない成績に終わった。ジュード・ロウの人気も一時期に比べると翳りが見える。やはり偉大なオリジナル超えは難しかったようで、批評家からの反応もやや厳しいものになっている。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
Tyler Perry’s Why Did I Get Married
LGF
$21,500,000
2,011
$21,500,000
1
2
1
The Game Plan
BV
$11,506,000
3,128
$59,447,000
3
3
22
Michael Clayton
WB
$11,010,000
2,511
$12,087,000
2
4
N
We Own The Night
Sony
$11,000,000
2,362
$11,000,000
1
5
2
The Heartbreak Kid
P/DW
$7,425,000
3,233
$26,001,000
2
6
N
エリザベス:ゴールデン・エイジ
Uni.
$6,183,000
2,001
$6,183,000
1
7
3
キングダム 見えざる敵
Uni.
$4,566,000
2,836
$39,954,000
3
8
12
Across the Universe
SonR
$4,000,000
954
$12,909,000
5
9
4
バイオ・ハザード3
SGem
$2,650,000
2,249
$48,067,000
4
10
5
光の6つのしるし
Fox
$2,150,000
3,173
$7,104,000
2

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]