TOP > 映画レビュー > 究極のオプティミズムに彩られた快作 ― 「ヘアスプレー」レビュー…

究極のオプティミズムに彩られた快作 ― 「ヘアスプレー」レビュー

映画レビュー 記事:2007.10.24

a0107674_2252238

とにかく楽しいミュージカル。白人優先主義を掲げるボルチモアのTV番組で起きた革命を、サラリとエンターテインメントに仕立て上げるとは驚きだ。60年代という時代に横たわる数々の問題を笑い飛ばす豪快さ、音楽とダンスがあれば1つになれるというウルトラシンプルなメッセージ。このオプティミズムを素直に受け入れたくなってしまう、抗い難い魅力がこの映画にはある。

トラヴォルタを除けばキャスティングも完璧。特にジェームズ・マースデンとクィーン・ラティファは最高のハマりっぷりを見せている。ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケンら大御所も手堅い演技で脇を固め、ニッキー・ブロンスキー、イライジャ・ケリーら若手も最高の輝きを見せる。出番は少ないながらアリソン・ジャニーの怪演にも注目だ。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]