TOP > 映画レビュー > リアルとファンタジーの間を浮遊 ― 「サウスバウンド」レビュー…

リアルとファンタジーの間を浮遊 ― 「サウスバウンド」レビュー

映画レビュー 記事:2007.10.28

img_1573292_49820934_0

毎回奇抜な演出手法で驚かせてくれる森田芳光監督だが、今回は演技のプロと素人を同じフレームにポイッと放り込むという荒業を披露。いい意味で“演技”しているトヨエツと天海祐希の夫婦に、全く演技指導がなされていない沖縄の現地人が絡む。森田が狙った化学反応は必ずしも起きているとは言えないが、まあ面白い効果は表れている。ただ問題は、変に指導されてしまった子役たちのいかにも不自然な演技のほう。映画自体がある種のファンタジーだからこの不自然さもアリっちゃアリだが、だったら沖縄の素人衆は何なのよ、という話。この演技の対比に深い意味はなさそうで、森田監督らしいスタンドプレイと見るのが正解か。映画自体もリアルとファンタジーの間を彷徨ってうまく着地できていない感。


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

「ROMA ローマ」の最多ノミネートは、ここ数年のうちに実は起きていた映画ビジネスの大きな変換を顕在化してしま […]