TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 「アメリカン・ギャングスター」が大爆発…

[Weekend Report] 「アメリカン・ギャングスター」が大爆発スタート!

リドリー・スコット×ラッセル・クロウの「グラディエーター」コンビが、デンゼル・ワシントンを迎えて製作したクライムドラマ「アメリカン・ギャングスター」が驚異的な興行で首位デビューを果たした。
アカデミー賞を狙う本作は、万人受けの難しいジャンルながら、いきなり3000館超の拡大公開。同週に3928館という超拡大公開に打って出た強力ライバル(後述の「ビームービー」)がいながら、それをあざ笑うかのようなロケットスタートを決めた。3日間興収は周囲の予想をはるかに上回る4600万ドル。1億ドル超のヒットとなるのは確実で、アカデミー賞受賞に大きく前進した。批評家からの評価も高く、「グラディエーター」に続くスコット×クロウのコンビによる作品賞受賞となるかもしれない。


ドリームワークス製アニメ「ビームービー」は、3928館という規定路線の超拡大公開に打って出るも2位スタート。とはいえ、3日間興収は3900万ドル超とまずまずの結果を出して見せた。
主人公の声を吹替えるジェリー・サインフェルドは、人気TVシリーズ「となりのサインフェルド」で絶対的な知名度を誇るスター。カンヌ国際映画祭では、蜂の着ぐるみに身を包んで高所に宙吊りにされるなど、文字通り体当たりの宣伝に励んだ。その成果は表れたようで、躍進著しいドリームワークス製アニメに恥じない数字を記録。アニメ特有の粘り腰な興行で製作費の1億5000万ドルは回収してきそうだ。

2020館で封切られたジョン・キューザック主演の新作「Martian Child」は6位に初登場。3日間興収360万ドルと淋しい結果に終わった。
キューザックは今年、サンダンス映画祭で上映された「Grace is Gone」が大好評で、アカデミー賞主演男優賞の呼び声も高い。さらに6月に公開されたスリラー「1408」は7100万ドル超のスマッシュヒットを記録するなど乗りに乗っていた。その余勢を駆って新作でも結果を残したかったところだが、残念な結果に終わってしまった。「Grace is Gone」でのアカデミー賞参戦にマイナスに働くことはなさそうだが、プラスになることもなさそうだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
アメリカン・ギャングスター
Uni.
$46,344,000
3,054
$46,344,000
1
2
N
ビームービー
P/DW
$39,100,000
3,928
$39,100,000
1
3
1
ソウ4
LGF
$11,010,000
3,183
$51,060,000
2
4
2
Dan in Real Life
BV
$8,125,000
1,925
$22,950,000
2
5
3
30 Days of Night
Sony
$4,000,000
2,627
$34,229,000
3
6
4
The Game Plan
BV
$3,853,000
2,844
$81,957,000
6
7
N
Martian Child
NL
$3,650,000
2,020
$3,650,000
1
8
6
Michael Clayton
WB
$2,900,000
2,107
$33,198,000
5
9
5
Tyler Perry’s Why Did I Get Married
LGF
$2,730,000
1,403
$51,185,000
4
10
7
Gone Baby Gone
Mira.
$2,400,000
1,617
$14,948,000
3

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]