TOP > アカデミー賞 > 「アメギャン」ルビー・ディーは本当に助演女優賞有力?…

「アメギャン」ルビー・ディーは本当に助演女優賞有力?

アカデミー賞 記事:2007.11.11

「アメリカン・ギャングスター」で、デンゼル・ワシントン扮する麻薬組織のボスの気丈な母親役を演じるルビー・ディー。その強烈演技がアカデミー賞助演女優賞ノミネートものと現地で話題だが、過信は禁物。出番は少なく、それほど大きくない見せ場が2回ほどある程度。同じケースで候補になった「Ray/レイ」のシャロン・ウォーレンに比べればインパクトは小さい。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]