TOP > アカデミー賞 > 「アメギャン」ルビー・ディーは本当に助演女優賞有力?…

「アメギャン」ルビー・ディーは本当に助演女優賞有力?

アカデミー賞 記事:2007.11.11

「アメリカン・ギャングスター」で、デンゼル・ワシントン扮する麻薬組織のボスの気丈な母親役を演じるルビー・ディー。その強烈演技がアカデミー賞助演女優賞ノミネートものと現地で話題だが、過信は禁物。出番は少なく、それほど大きくない見せ場が2回ほどある程度。同じケースで候補になった「Ray/レイ」のシャロン・ウォーレンに比べればインパクトは小さい。


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果は以下の通り。 作品賞 : グリーンブック 監督賞 : アルフォンソ・キュアロン(RO […]

★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

開催前からこれほどすったもんだを繰り返した授賞式も記憶にない。第91回アカデミー賞授賞式は事前から大きな不安を […]