TOP > アカデミー賞 > 「アメギャン」ルビー・ディーは本当に助演女優賞有力?…

「アメギャン」ルビー・ディーは本当に助演女優賞有力?

アカデミー賞 記事:2007.11.11

「アメリカン・ギャングスター」で、デンゼル・ワシントン扮する麻薬組織のボスの気丈な母親役を演じるルビー・ディー。その強烈演技がアカデミー賞助演女優賞ノミネートものと現地で話題だが、過信は禁物。出番は少なく、それほど大きくない見せ場が2回ほどある程度。同じケースで候補になった「Ray/レイ」のシャロン・ウォーレンに比べればインパクトは小さい。


★ PICK UP ★

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞ノミネーション サプライズ(残念)落選 監督賞:レジーナ・キング(あの夜、マイアミで) 助 […]