TOP > アカデミー賞 > [2007 Precursors] 前哨戦開幕!ナショナル・ボード・オブ…

[2007 Precursors] 前哨戦開幕!ナショナル・ボード・オブ・レビュー発表!

アカデミー賞 記事:2007.12.06

さて、いよいよ賞レースの幕開けを告げるナショナル・ボード・オブ・レビューが発表!ここ20年で同賞の作品賞受賞作品がオスカーにノミネートされなかった例はわずかに3回だけとオスカーとの直結度高い同賞。昨年も受賞作「硫黄島からの手紙」がオスカー候補に挙がった。
今年、作品賞の栄誉に輝いたのは「ノーカントリー」。高い前評判に違わぬ好スタートを決めた。これで作品賞ノミネートはほぼ当確か。これに次ぐ評価の9作品はほぼ順当な選出だが、「The Bucket List」「ジェシー・ジェームズの暗殺」「Lars and the Real Girl」など意外な作品も。昨年はBest10の中から4作品がオスカー候補となっているだけに、これらの作品もノミネートの可能性は大きく広がったと見ていい。


監督賞は何とティム・バートンへ。対象作「スウィーニー~」も作品賞戦線で一躍クローズアップされることになるだろう。もちろん、主演のジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーターについても同様のことが言える。
演技賞部門では「Michael Clayton」のジョージ・クルーニーが貫禄の受賞。「シリアナ」以来2度目の候補も十分にありそうだ。助演男優賞はケイシー・アフレックがおそらく「Gone Baby Gone」の好演も加味されての受賞となった。主演女優賞はベテラン、ジュリー・クリスティへ。ここにきてややBUZZが下降気味だったが、これで再度上昇カーブを描いてきそうだ。助演女優賞受賞のエイミー・ライアンは知名度が今ひとつな分、この先の批評家賞でも数多く受賞しておきたいところだ。
第78回ナショナル・ボード・オブ・レビュー
■ 作品賞
ノーカントリー(監督:ジョエル&イーサン・コーエン/パラマウント・ヴァンテージ)
Next 9(アルファベット順)
ジェシー・ジェームズの暗殺(アンドリュー・ドミニク監督)
Atonement(ジョー・ライト監督)
ボーン・アルティメイタム(ポール・グリーングラス監督)
The Bucket List(ロブ・ライナー監督)
Into the Wild(ショーン・ペン監督)
君のためなら千回でも(マーク・フォースター監督)
Juno(ジェイソン・ライトマン監督)
Lars and the Real Girl(クレイグ・ギレスピー監督)
Michael Clayton(トニー・ギルロイ監督)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(ティム・バートン監督)
■ 監督賞
ティム・バートン(スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師)
■ 主演男優賞
ジョージ・クルーニー(Michael Clayton)
■ 主演女優賞
ジュリー・クリスティ(Away from Her)
■ 助演男優賞
ケイシー・アフレック(ジェシー・ジェームズの暗殺)
■ 助演女優賞
エイミー・ライアン(Gone Baby Gone)
■ ブレイクスルー男優賞
エミール・ハーシュ(Into the Wild)
■ ブレイクスルー女優賞
エレン・ペイジ(Juno)
■ 新人監督賞
ベン・アフレック(Gone Baby Gone)
■ アンサンブル演技賞
ノーカントリー
■ 脚本賞
ディアブロ・コディ(Juno)
ナンシー・オリバー(Lars and the Real Girl)
■ 脚色賞
ジョエル&イーサン・コーエン(ノーカントリー)
■ アニメーション映画賞
レミーのおいしいレストラン
■ 外国語映画賞
潜水服は蝶の夢を見る(フランス)
Next 5
迷子の警察音楽隊(イスラエル)
ヒトラーの贋札(オーストリア)
4ヶ月、3週と2日(ルーマニア)
ラスト、コーション[色・戒](中国)
エディット・ピアフ 愛の賛歌(フランス)
■ ドキュメンタリー映画賞
Body of War
Next 5
Darfur Now
In The Shadow Of The Moon
Nanking
Taxi To The Darkside
Toots
■ インディペンデント映画賞
Away from Her
Great World of Sound
Honeydripper
In the Valley of Elah
マイティ・ハート 愛と絆
その名にちなんで
ONCE ダブリンの街角で
The Savages
Starting Out in the Evening
ウェイトレス おいしい人生のつくりかた
■ 表現の自由賞
The Great Debaters
ペルセポリス
■ 功労賞
マイケル・ダグラス
■ 功労賞(撮影)
ロジャー・ディーキンス


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]