TOP > アカデミー賞 > [2007 Precursors] LA批評家賞も「There Will…

[2007 Precursors] LA批評家賞も「There Will Be Blood」が圧勝!

アカデミー賞 記事:2007.12.10

ニューヨークと並んで重要視される批評家協会賞。NYに比べると歴史は浅いが、アカデミー賞により近い選出が行われる傾向にある。とはいえ、やはり批評家好みの作品が選出されることが多く、ここ10年で同賞の作品賞を受賞した作品は1度もアカデミー賞作品賞を受賞していない。昨年作品賞受賞の「硫黄島からの手紙」もやはりアカデミー賞を受賞することはなかった。
今年、この栄えある批評家賞を制したのは「There Will Be Blood」。監督、主演男優、美術の4冠制覇となった。助演女優賞受賞のエイミー・ライアン(Gone Baby Gone)は、これでNBR、ボストンに続く3度目の受賞。前哨戦総なめの様相で、アカデミー賞候補もほぼ当確と言えそうだ。
外国語映画賞は「4ヶ月、3週と2日」が受賞。助演男優賞受賞、助演女優賞でも次点に選ばれるなど高い人気を示した。


第33回 ロサンゼルス映画批評家協会賞
■ 作品賞
There Will Be Blood(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
Runner-Up
潜水服は蝶の夢を見る(ジュリアン・シュナーベル監督)
■ 監督賞
ポール・トーマス・アンダーソン(There Will Be Blood)
Runner-Up
ジュリアン・シュナーベル(潜水服は蝶の夢を見る)
■ 主演男優賞
ダニエル・デイ=ルイス(There Will Be Blood)
Runner-Up
フランク・ランジェラ(Starting Out in the Evening)
■ 主演女優賞
マリオン・コティヤール(エディット・ピアフ 愛の賛歌)
Runner-Up
アナマリア・マリンカ(4ヶ月、3週と2日)
■ 助演男優賞
ヴラド・イヴァノフ(4ヶ月、3週と2日)
Runner-Up
ハル・ホルブルック(Into the Wild)
■ 助演女優賞
エイミー・ライアン(Gone Baby Gone/Before the Devil Knows You’re Dead)
Runner-Up
ケイト・ブランシェット(I’m Not There)
■ 脚本賞
タマラ・ジェンキンス(The Savages)
■ 新人賞
サラ・ポリー(Away from Her)
■ 撮影賞
ヤヌス・カミンスキー(潜水服は蝶の夢を見る)
■ 美術賞
ジャック・フィスク(There Will Be Blood)
■ 作曲賞
グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ(ONCE ダブリンの街角で)
■ 独立/実験作品賞
Colossal Youth
■ アニメーション映画賞
ペルセポリス
レミーのおいしいレストラン
■ 外国語映画賞
4ヶ月、3週と2日(ルーマニア)
■ ドキュメンタリー映画賞
No End in Sight
■ 功労賞
シドニー・ルメット
■ 特別賞
モーツァルトの生誕250年を祝うピーター・セラーズ監督によるニュークラウンドホープ


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]