TOP > アカデミー賞 > [2007 Precursors] NY批評家賞も「ノーカントリー」が4…

[2007 Precursors] NY批評家賞も「ノーカントリー」が4部門制覇!

アカデミー賞 記事:2007.12.11

1935年に創設された歴史ある賞で、批評家協会賞としては権威も影響力も最大級。近年はより芸術性を重視した選出を行う傾向にあり、オスカーへの直結度は一時期に比べ下がっている。昨年の選出は「ユナイテッド93」で、やはりアカデミーのチョイスとは一致しなかった。
今年の選出はコーエン兄弟最高傑作との呼び声も高い「ノーカントリー」。監督、助演男優、脚本の4部門での選出となった。それに次ぐ評価となったのはLA批評家賞の覇者「There Will Be Blood」。主演男優、撮影の2部門を制し、作品、監督部門でも次位につけた。
どうやら批評家賞はこの先も「ノーカントリー」と「There Will Be Blood」の争いが繰り広げられていくことになりそうだが、どちらも批評家好みする作品だけに、アカデミー賞を占う上では近日発表のブロードキャスト批評家協会賞、ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが大きな意味を持ちそうだ。


第73回ニューヨーク映画批評家協会賞
■ 作品賞
ノーカントリー(監督:ジョエル&イーサン・コーエン/ミラマックス)
Runner-Up
There Will Be Blood(監督:ポール・トーマス・アンダーソン/パラマウント・ヴァンテージ)
■ 監督賞
ジョエル&イーサン・コーエン(ノーカントリー)
Runner-Up
ポール・トーマス・アンダーソン(There Will Be Blood)
■ 主演男優賞
ダニエル・デイ=ルイス(There Will Be Blood)
Runner-Up
ヴィゴ・モーテンセン(Eastern Promises)
■ 主演女優賞
ジュリー・クリスティ(Away from Her)
Runner-Up
エレン・ペイジ(Juno)
■ 助演男優賞
ハヴィエル・バルデム(ノーカントリー)
■ 助演女優賞
エイミー・ライアン(Gone Baby Gone)
Runner-Up
ケイト・ブランシェット(I’m Not There)
■ 脚本賞
ジョエル&イーサン・コーエン(ノーカントリー)
■ 撮影賞
ロバート・エルスウィット(There Will Be Blood)
■ 第一回作品賞
サラ・ポリー(Away from Her)
■ アニメーション映画賞
ペルセポリス
■ 外国語映画賞
善き人のためのソナタ(ドイツ)
■ ドキュメンタリー映画賞
No End in Sight
■ 功労賞
シドニー・ルメット
■ 特別批評家賞
チャールズ・バーネット(Killer of Sheep)


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]