TOP > アカデミー賞 > ワインスタイン・カンパニーがWGAと協定結ぶ…

ワインスタイン・カンパニーがWGAと協定結ぶ

アカデミー賞 記事:2008.01.13

WGAは一向に解決の糸口すら見えてこないAMPTPとの交渉をあきらめ、各スタジオとの直接交渉に乗り出している。その交渉第1弾として先週決着を見たUA(ユナイテッド・アーチスツ)との協定は、WGAにとってスト決行後に勝ち取った初めての輝かしい勝利となった。そして昨日、今度はワインスタイン・カンパニーがUAとほぼ同様の内容でWGAと協定を結んだという。これにより、ワインスタイン・カンパニーは、棚上げになっていた大作「Nine」の脚本製作作業を再開することが出来る。「Nine」は、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ハヴィエル・バルデム、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤールなどの出演が決定しているミュージカルで、当然アカデミー賞戦線での活躍が期待されている。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]