TOP > アカデミー賞 > [アカデミー賞ノミネーション最終予想] 外国語映画賞…

[アカデミー賞ノミネーション最終予想] 外国語映画賞

アカデミー賞 記事:2008.01.19

「4ヶ月、3週と2日」「ペルセポリス」ら本命視されていた作品が相次いで一次予選で落選するという番狂わせが起きている外国語映画賞。一次予選を通過した9作品の中から5作品がノミネートの栄誉を得る。エントリー9作品の顔ぶれを見てみると、ポーランドの伝説的巨匠アンジェイ・ワイダを筆頭に、ロシアのニキータ・ミハルコフ、カナダのドゥニ・アルカン、イタリアのジュゼッペ・トルナトーレなど世界的に知名度の高い監督の作品がズラリと並ぶ。言っちゃ悪いが、監督のネームバリューが選考の決め手になったのではないかと疑われても仕方ない。
外国語映画賞ノミネーション予想はこちら


★ PICK UP ★

最重要!ブロードキャスト映画批評家協会賞の最多ノミネートは「女王陛下のお気に入り」!「ブラックパンサー」も多部門ノミネート!

最重要!ブロードキャスト映画批評家協会賞の最多ノミネートは「女王陛下のお気に入り」!「ブラックパンサー」も多部門ノミネート!

アカデミー賞を占ううえで最も重要視されるブロードキャスト映画批評家協会賞のノミネーションが発表。 栄えある最多 […]