TOP > アカデミー賞 > [アカデミー賞ノミネーション最終予想] 外国語映画賞…

[アカデミー賞ノミネーション最終予想] 外国語映画賞

アカデミー賞 記事:2008.01.19

「4ヶ月、3週と2日」「ペルセポリス」ら本命視されていた作品が相次いで一次予選で落選するという番狂わせが起きている外国語映画賞。一次予選を通過した9作品の中から5作品がノミネートの栄誉を得る。エントリー9作品の顔ぶれを見てみると、ポーランドの伝説的巨匠アンジェイ・ワイダを筆頭に、ロシアのニキータ・ミハルコフ、カナダのドゥニ・アルカン、イタリアのジュゼッペ・トルナトーレなど世界的に知名度の高い監督の作品がズラリと並ぶ。言っちゃ悪いが、監督のネームバリューが選考の決め手になったのではないかと疑われても仕方ない。
外国語映画賞ノミネーション予想はこちら


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]