TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 大事件!!!! ハンナ・モンタナ旋風が…

[Weekend Report] 大事件!!!! ハンナ・モンタナ旋風が全米をジャック!

とんでもない数字で首位デビューを飾ったのは、ディズニー・チャンネルで放送されている同名TVドラマを映画化した「Hannah Montana/Miley Cyrus: Best of Both Worlds Concert Tour」。わずか683館の公開で稼いだ興収は何と2900万ドル。1館あたりのアベレージが42000ドル超という驚くべき数字だ。683館で首位デビューというのは、史上最少館でのNo.1記録。一昨年、社会現象を巻き起こした「ボラット」ですら837館で2600万ドル、マイケル・ムーアの「華氏911」でも868館で2300万ドルという数字なのだから、「Hannah~」の異常人気ぶりがわかるだろう。


TVドラマ「Hannah~」は、実在の人気歌手マイリー・サイラス(父に歌手のビリー・レイ・サイラスを持つサラブレッド)が、家族に内緒でアイドル、ハンナ・モンタナとして活躍するというファミリー・コメディ。映画はこのTVドラマに基づき、ハンナ・モンタナ=マイリー・サイラスが行った全国ツアーの様子を3-D映像を交えて映し出したライブ・ムービー。主にティーン層を中心に集客に成功した本作だが、この層にこれだけの興行ポテンシャルがあることをまざまざと見せつけられた格好だ。

日本でも公開された、オキサイド&ダニー・パン兄弟の新感覚ホラー「THE EYE」のハリウッド・リメークは2位で初登場。2436館の封切りで興収は1300万ドルとまずまずの数字でデビューした。
角膜移植を受けて視力を取り戻した主人公が、不気味な光景を目の当たりにするというホラーで、オリジナルは恐怖表現に新しさがあった。リメークで主人公を演じるのはジェシカ・アルバ。近々の主演作は興行的に振るわず、その集客力に疑問の声が上がり始めているだけに、今回の結果はアルバのキャリアを多少は救うものとなるかもしれない。

「デスパレートな妻たち」のガブリエル役で人気のエヴァ・ロンゴリア・パーカー主演のコメディ「Over Her Dead Body」は11位にランクイン。1977館の公開で興収は460万ドルと散々な成績で、ロンゴリアの人気がTVサイズであることを証明してしまった。
フィアンセと幸せな結婚生活を送るはずだったケイトだが、結婚式当日に命を落とす羽目に。あの世からフィアンセのポールを見守るケイトだったが、彼が他の女性と恋に落ちるや、躍起になってその恋路を邪魔しようとする……というコメディで、批評家からの反応も惨憺たるもの。出なきゃよかった、というロンゴリアの声が聞こえてきそうだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
Hannah Montana/Miley Cyrus: Best of Both Worlds Concert Tour
BV
$29,000,000
683
$29,000,000
1
2
N
The Eye
LGF
$13,000,000
2,436
$13,000,000
1
3
3
幸せになるための27のドレス
Fox
$8,400,000
2,976
$57,115,000
3
4
7
JUNO/ジュノ
FoxS
$7,450,000
2,475
$110,263,000
9
5
1
Meet the Spartans
Fox
$7,125,000
2,643
$28,332,000
2
6
2
ランボー/最後の戦場
LGF
$7,000,000
2,764
$29,798,000
2
7
6
The Bucket List
WB
$6,850,000
2,915
$67,671,000
6
8
5
Untraceable
SGem
$5,400,000
2,368
$19,451,000
2
9
4
クローバーフィールド/HAKAISHA
Par.
$4,900,000
3,007
$71,974,000
3
10
9
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
ParV
$4,761,000
1,507
$21,146,000
6

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]