TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] ジャッキー×ジェット・リー 夢の共演が…

[Weekend Report] ジャッキー×ジェット・リー 夢の共演がついに実現!

カンフー映画ファンならずとも、一度は夢見た豪華共演がついに実現!ジャッキー・チェンとジェット・リーというアジアが誇る二大スターが初共演を果たし、さらにカンフー対決まで見せてくれる新作「The Forbidden Kingdom」が堂々の首位デビューを果たした。

香港映画ファンの普通の高校生が、古代中国にタイムスリップして騒動に巻き込まれる。幽閉された伝説の“モンキー・キング”を助け出すため、カンフーの達人(チェン)、寡黙な僧侶(リー)らと旅をする羽目に。チェン&リーのカンフー対決が最大の見所となる本作だが、アクションを振り付けたのはやはりこの人ユアン・ユーピン。「マトリックス」らの振り付けでハリウッド一の振付師にのぼりつめた彼でなくては、2人の振り付けは務まらないだろう。実際、ハリウッド進出以来、ジャッキーが自身のアクション振り付けを他人に任せたのは今回が初めてのよう。2人のアクション対決シーンはさぞかし胸躍る出来となっていることだろう。


オープニング3日間の興収は2000万ドルと、さすがに2人の強力スターのネームバリューがモノをいった感。チェン、リーともに単独主演作では苦戦が続いていただけに、お互いにハリウッドでのステータスを築きなおすのに絶好の共演となった。

2位の「Forgetting Sarah Marshall」は、「40歳の童貞男」「Knocked Up」のジャド・アパトゥがプロデュースする恋愛コメディ。アパトゥは製作に回った作品でも「スーパー・バッド/童貞ウォーズ」や「Walk Hard」など評価の高い作品を次々と送り出しており、今やもっとも注目度の高いコメディ作家となっている。
今回の新作は、失恋の傷心旅行に出かけた冴えない男が、こともあろうに旅行先でフラれた相手と遭遇してしまうという受難コメディ。相変わらず批評家受けがよく、映画ファンからも一定の支持を受けている。オープニング3日間の興収1700万ドルは、2798館という上映館数を考えれば上出来。スター不在でここまでの数字を稼げたのは、やはりアパトゥのネームバリューと確かなクオリティによるところが大きい。

4位に初登場はアル・パチーノ主演のスリラー「88ミニッツ」。88分後にオマエを殺すと脅迫電話を受けた男が、犯人を追って捜査を開始する。しかし、一方で愛人女性が死体で発見され、男に殺害容疑がかかる。舞台と時間が限定された濃密なスリラーを想像させるプロットだが、批評家からの評価は驚くほど低い。今年最低のレビューといっても差し支えないほどのヒドさで、これには配給のソニーも下を向くしかないだろう。映画の出来の悪さが祟ってか、興行のほうも結果は一息。2168館の公開でオープニング興収はわずかに680万ドル。ビッグネームを主演に迎えたスリラー映画としては物足りない成績に終わっている。

ドキュメンタリー映画ながら8位にランクインしてきたのは、コメディアンであり作家、大統領のスピーチライターまでこなすマルチタレント、ベン・スタインが生命の起源について問う「Expelled: No Intelligence Allowed」。生命は神が創造したという宗教論から、“神”という固有名詞を外し、“知的な何者か”によって創造されたと言い換えることで広く市民権を得ようとしたインテリジェント・デザイン(ID)を擁護した、ユニークなインタビュー形式で構成されたドキュメンタリーだ。IDはしばしば宗教的な側面から非科学的とされ、教育の場では黙殺されてきた。スタインはこの事実に異を唱え、ダーウィニズムを提唱する主要人物たちに突撃インタビューを試みる。マイケル・ムーア式の痛快なドキュメンタリーとなっているようで、娯楽要素は強いが、その分批判も多い。早くもインターネットを中心に論争を巻き起こしているようで、この分なら当分はBoxOfficeを沸かせることになるのでは。今後の成り行きに注目しよう。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
The Forbidden Kingdomt
LGF
$20,870,000
3,151
$20,870,000
1
2
N
Forgetting Sarah Marshall
Uni.
$17,348,000
2,798
$17,348,000
1
3
1
Prom Night
SGem
$9,100,000
2,700
$32,564,000
2
4
N
88ミニッツ
Sony
$6,800,000
2,168
$6,800,000
1
5
4
幸せの1ページ
Fox
$5,650,000
3,277
$32,857,000
3
6
3
ラスベガスをぶっつぶせ
Sony
$5,500,000
2,903
$69,984,000
4
7
2
Street Kings
FoxS
$4,000,000
2,469
$19,879,000
2
8
6
ホートン/不思議な世界のダレダーレ
Fox
$3,500,000
2,670
$144,407,000
6
9
N
Expelled: No Intelligence Allowed
RM
$3,153,000
1,052
$3,153,000
1
10
5
Leatherheads
Uni.
$3,022,000
2,798
$26,578,000
3

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]