TOP > アカデミー賞 > [2008 Cannes コンペ作品紹介] SERBIS…

[2008 Cannes コンペ作品紹介] SERBIS

アカデミー賞 記事:2008.05.19

SERBIS
(フィリピン、フランス/90min)

監督:ブリリアンテ・メンドーサ

出演:Dan ALVARO、Mercedes CABRAL、Julio DIAZ

田舎町で寂れた映画館を経営する女主人とその家族の物語。女主人のナニーは疎遠になっている夫との離婚調停に悩み、娘のナイダ、義理の息子のランドー、養子の娘ジュウェルらもそれぞれの悩みを抱えて日々を過ごしている。彼女たちの日常からモラルのあり方を問うドラマ。
モラルには絶対的なものと相対的なものの2つがある、というテーマを込めてある家族のドラマを語るのは、フィンランドの新鋭ブリリアンテ・メンドーサ。今年1月のベルリン国際映画祭に「Tirador (Slingshot)」を出品し、でカリガリ賞を受賞している。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]