TOP > アカデミー賞 > [2008 Cannes] 現地での評判…

[2008 Cannes] 現地での評判

アカデミー賞 記事:2008.05.21

すでに上映された14本の現地での評判を見てみると、最も高い評価を集めているのがダルデンヌ兄弟の「Lorna’s Silence」。もしや3度目の受賞も……と思わせるさすがの評価だ。これに続くはイーストウッドの「The Exchange」、唯一のアニメ作品「Walts with Bashir」、アルノー・デプレシャンの「A Christmas Tale」あたり。オープニングにも選出されたフェルナンド・メイレレス監督「ブラインドネス」は賛否が分かれている。
この流れからすると、現状ではアリー・フォルマン監督がイスラエルのレバノン侵攻を描く「Walts with Bashir」が審査員長ショーン・ペンのハートに刺さりそうな気配。ただし、まだ上映されていない「Che」「Synecdoche, New York」なども強敵なのでまだまだどうなるかわからない状況だ。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]