TOP > column > 巨匠シドニー・ポラック、逝く…

巨匠シドニー・ポラック、逝く

column 記事:2008.05.27

85年にアカデミー賞を受賞した「愛と哀しみの果て」や、傑作コメディ「トッツィー」らを監督、俳優・プロデューサーとしても活躍したシドニー・ポラックが、癌のため73年の生涯を閉じた。昨年は話題作「フィクサー」をプロデュースし、俳優としても出演。まだまだ元気なところを見せていただけに、突然の訃報には驚くばかり。

監督としての近作「ザ・インタープリター」や「ランダム・ハーツ」らには往年の冴えは見られなかったものの、プロデューサーとしては良作を連発し、センスのよさを見せ付けていた。俳優としても実に味のある存在で、特に俳優デビューとなった「トッツィー」ではダスティン・ホフマンを相手に一歩も退かない名演を見せていた。

晩年は製作会社ミラージュ・エンタープライズの経営に当たっていたが、奇しくも共同経営者であるアンソニー・ミンゲラも今年3月に急逝している。

「トッツィー」は個人的にベスト作品の1本なので、ポラック監督の死はとても残念です。ご冥福をお祈りします。


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

「ROMA ローマ」の最多ノミネートは、ここ数年のうちに実は起きていた映画ビジネスの大きな変換を顕在化してしま […]