TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 「WALL・E」「ウォンテッド」ともに…

[Weekend Report] 「WALL・E」「ウォンテッド」ともに好調なデビュー!

ピクサーの新作「WALL・E/ウォーリー」が定位置でのデビュー。オープニング興収の6250万ドルは、「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」「モンスターズ・インク」に続き、ピクサー・アニメとしては4番目の好記録となる。

ゴミだらけの地球に取り残されたロボットWALL・Eの冒険を描いた本作は、冒頭の30分間、声を発せぬWALL・Eの一人芝居で台詞一切なしという文字通りの冒険を敢行。結果、これまでに類を見ない“クラシック”CGアニメの誕生と批評家から絶賛されている。監督は「ファインディング・ニモ」を手がけたアンドリュー・スタントン。ピクサー史上最大のヒット作にしてアカデミー賞受賞作「~ニモ」に迫る成功を成し得ても不思議はない。興収のほうはとりあえず、「レミーのおいしいレストラン」の2億600万ドル、「カーズ」の2億4400万ドル超えが目標となる。うまくいけば、「Mr.インクレディブル」の2億6100万ドル超えも夢ではないだろう。さすがに「~ニモ」の3億3900万ドル超えは厳しいだろうが、それでもピクサーのブランド力を一層高める成功作であることに変わりはない。


「WALL・E」のビッグ・オープニングは予想通りだったが、2位でデビューの「ウォンテッド」の数字には驚いた。「つぐない」で注目された新星ジェームズ・マカヴォイを、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマンらハリウッドのベテランがサポートする新感覚アクションの本作は、「ナイトウォッチ」シリーズで名声を手にしたロシアの映像派ティムール・ベクマンベトフのハリウッドデビュー作。弾丸がカーブしたり車がビルの壁を爆走したりと、とにかく今まで見たこともない映像が満載の「マトリックス」を彷彿とさせる“ニュータイプ”だ。
映画ファンもこの新しさには圧倒されたようで、3日間興収が5100万ドルと驚くべきハイアベレージ。公開劇場数が3175館と、1館あたりのアベレージでは「WALL・E」を凌ぐ。批評家からも好評で迎えられており、ロシアの映像派は今後ハリウッドでひっぱりだこになりそうだ。こちらはカップル・アダルトに受ける素材で、「WALL・E」とはうまく観客の住み分けが出来たということのようだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
WALL・E/ウォーリー
BV
$62,500,000
3,992
$62,500,000
1
2
N
ウォンテッド
Uni.
$51,118,000
3,175
$51,118,000
1
3
1
ゲット スマート
WB
$20,000,000
3,915
$77,266,000
2
4
3
カンフー・パンダ
P/DW
$11,746,000
3,670
$179,330,000
4
5
2
インクレディブル・ハルク
Uni.
$9,226,000
3,349
$115,508,000
3
6
4
ラブ・グル
Par.
$5,440,000
3,012
$25,322,000
2
7
6
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
Par.
$5,030,000
2,556
$299,936,000
6
8
5
ハプニング
Fox
$3,850,000
2,483
$59,063,000
3
9
8
セックス・アンド・ザ・シティ
NL
$3,770,000
1,755
$140,132,000
5
10
7
You Don’t Mess with the Zohan
Sony
$3,200,000
2,147
$91,215,000
4

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]