TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] ヘルボーイ第2弾が強力な首位デビュー!…

[Weekend Report] ヘルボーイ第2弾が強力な首位デビュー!

アメコミヒーロー、ヘルボーイの活躍を描くシリーズ第二弾「Hellboy 2:The Golden Army」が強力なオープニングで首位デビューを果たした。

3204館で封切られた本作の3日間興収は3500万ドル超。夏の大作としては特筆するほどの数字ではないが、観客の大半が男性という客層の限られる本シリーズとしては大健闘の数字といえる。実際、04年に公開された前作「ヘルボーイ」は、オープニング3日間興収が2300万ドルで、トータル興収が5900万ドル。前作に比べると大きく数字を伸ばしていることがわかる。この躍進は、前作のクオリティの高さが広く認知されたことの他に、ギレルモ・デル・トロ監督の評価がうなぎ上りである点も無関係ではないだろう。


ギレルモ・デル・トロは、前作「パンズ・ラビリンス」で批評家に激賞され、「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚を描く「ホビット」二部作の監督に抜擢されるなど今最も脂の乗った監督の1人。今回の続編も批評家から高く評価されており、以前の“オタク監督”のイメージを完全に脱却した。今回のヒットでハリウッドでの地位も急上昇。「ホビット」を成功させれば一流監督の仲間入りを果たすことになりそうだ。

先週トップの「ハンコック」は、ヘルボーイの急襲に遭い、わずか1週で首位の座を明け渡すことに。それでも前週比47%減の3300万ドルは2週目としては上々の数字。トータル興収も1億6500万ドルを突破して、2億ドル超えをほぼ確実とした。ただし、目標とされる3億ドル超えは厳しい情勢で、この夏No.1ヒットの称号を「アイアンマン」「インディ」と争うには少し勢いが足りないか。

3位に初登場は、ディズニー・シーのアトラクションに着想を得た冒険アクション「センター・オブ・ジ・アース 3D」。2811館の公開で3日間興収は2000万ドルとマズマズのスタート。3Dを使った見せ場も楽しく、ファミリーで見に行くには最適との評価もあり、次週以降も大きな落ち込みなく興行を展開できそう。ただ一方で、大人の鑑賞に堪える作品ではないとの評もあり、これ以上の客足の広がりは期待できそうもない。主演のブレンダン・フレイザーはこの夏、「ハムナプトラ3」の公開も控えているが、1本目はとりあえず及第点スタートといっていいだろう。

スクリーン引退宣言も飛び出しているエディー・マーフィー主演最新作「デイブは宇宙船」が初登場7位と苦しいスタート。3日間興収は530万ドルと壊滅状態で、エディー・マーフィー主演映画としては、02年の「プルート・ナッシュ」(OP興収200万ドル)、98年の「ホーリーマン」(OP興収510万ドル)に告ぐワースト記録となってしまった。前作「マッド・ファット・ワイフ」がラジー賞を受賞しながらもオープニング3日間で3400万ドルもの興収をあげていたことを考えると、この不評ぶりは不思議。批評家の反応からすると、作品のクオリティも「マッド~」よりは幾分かマシなようなので、何が映画ファンをそれほど劇場から遠ざけたのか、よくわからない結果となっている。この分だとスクリーン引退宣言も半ば本気で考えるべきかもしれない。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
Hellboy II: The Golden Army
Uni.
$35,885,000
3,204
$35,885,000
1
2
1
ハンコック
Sony
$33,000,000
3,965
$165,034,000
2
3
N
センター・オブ・ジ・アース 3D
NL
$20,580,000
2,811
$20,580,000
1
4
2
WALL・E/ウォーリー
BV
$18,509,000
3,849
$162,772,000
3
5
3
ウォンテッド
Uni.
$11,586,000
3,157
$112,045,000
3
6
4
カンフー・パンダ
WB
$7,105,000
3,086
$111,468,000
4
7
N
デイブは宇宙船
Fox
$5,300,000
3,011
$5,300,000
1
8
5
カンフー・パンダ
P/DW
$4,300,000
2,704
$202,043,000
6
9
8
Kit Kittredge: An American Girl
PicH
$2,357,000
1,849
$11,046,000
4
10
7
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
Par.
$2,250,000
1,664
$310,477,000
8

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]