TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 良質コメディー好スタートも「ダークナイ…

[Weekend Report] 良質コメディー好スタートも「ダークナイト」牙城揺るがず

2位の「Pinapple Express」

「ダークナイト」が怒涛のV4。サマーシーズン大作の封切りが一通り終わり、ライバルが弱化したとはいえ4週連続のトップは立派。今週も2600万ドルを稼ぎ、トータル興収は4億4000万ドルを突破した。前週比39%減と勢いも衰えず、5億ドル突破は時間の問題だ。

2位デビューとはいえ、3072館の公開で2200万ドル超というソリッドなデビューを飾ったのは「Pinapple Express」。水曜日に初日を迎えると、売り上げ1200万ドルというロケットスタート。その後の週末も順調な興行を展開した。「Knocked Up」でスターダムに上り詰めたセス・ローゲン主演のコメディーだ。ローゲン扮する自堕落な男が、麻薬密売人(ジェームズ・フランコ)の家にパイナップル・エクスプレスという珍しい薬を買いに行ったところ、そこで汚職警官による殺人を目撃してしまい……。ブラックな状況の中、どんな笑いが展開されるのか。批評家の評価はなかなか高く、今後も落ちの少ない興行が期待される。今回のヒットでローゲンのスターパワーはますます上昇。すでに製作が開始されている「グリーン・ホーネット」にも期待がかかる。


先週2位の「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘密」は前週比60%減と大きく数字を落として3位。質の低い笑いが滑稽な設定をますますシラけさせる退屈な一作だけに、この落ち込みはいたしかたなし。2週間の興収で7000万ドルを稼いだが、この分だと1億ドル突破もピンチ。製作費1億4500万ドルの回収は絶望的で、更なる続編製作が行われる可能性はなさそうだ。

水曜に封切られた「旅するジーンズと19歳の旅立ち」は、05年夏に公開された「旅するジーンズと16歳の夏」の続編。前作は2583館で封切られると、トータル3900万ドルを稼ぐまずまずの成績を残した。数字面では目立たないこの作品が続編製作されることになったのは、批評家からの評判もよく、一部ファンに人気が高かったため。前作から3年後に封切られた続編は、最初の週末で約1000万ドルを稼いだ。この分なら前作超えは十分可能で、まずは計算通りの興行ということになりそうだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
1
ダークナイト
WB
$26,117,030
4,025
$441,628,497
4
2
N
Pineapple Express
Sony
$23,245,025
3,072
$41,318,736
1
3
2
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘密
Uni.
$16,490,970
3,778
$71,048,920
2
4
N
旅するジーンズと19歳の旅立ち
WB
$10,678,430
2,707
$19,620,128
1
5
3
Step Brothers
Sony
$9,128,662
3,182
$81,132,136
3
6
4
マンマ・ミーア!
Uni.
$8,208,580
3,194
$104,144,505
4
7
5
センター・オブ・ジ・アース 3D
WB (NL)
$4,871,478
1,970
$81,775,323
5
8
7
ハンコック
Sony
$3,317,450
2,258
$221,726,791
6
9
8
WALL・E/ウォーリー
BV
$3,140,083
2,144
$210,206,582
7
10
6
Swing Vote
BV
$3,125,290
2,213
$12,020,828
2

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]