TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 「イーグル・アイ」堂々ヒット!S・リー…

[Weekend Report] 「イーグル・アイ」堂々ヒット!S・リー新作は酷評

日本でも10月18日からの公開が決まっているスリラー「イーグル・アイ」が好スタートで首位を奪取。3510館の公開で3日間興収2900万ドル超と気を吐いた。

本作は、スピルバーグ構想10年との触れ込みによる巻き込まれ型アクションスリラーで、主演はスピルバーグの秘蔵っ子シャイア・ラブーフ、監督は前作「ディスタービア」に続いてラブーフとコンビを組むD・J・カルーソ。秀逸な予告編、奇抜なポスターなど宣伝のユニークさも手伝って、秋のこの時期にしては注目度高く、まずは評判通りのソリッドなスタートを決めてみせた。
ただ、批評家からも好評を得た「ディスタービア」と比較すると、今回の「イーグル・アイ」はやや受けが悪いか。キャストの魅力は認めるものの、物語自体がうまく機能していないとの指摘がある。息の長いヒットとなった「ディスタービア」のような推移は望めないかもしれない。


「運命の女」コンビ、リチャード・ギア&ダイアン・レイン主演によるラブロマンス「最後の初恋」は2位デビュー。2704館の封切りで3日間興収1300万ドルと平凡な数字に終わった。「運命の女」対比でもわずかに下回っており、「運命~」のトータル興収5200万ドル超えは絶望的か。作品の評価も芳しくなく、ダイアン・レインの妖艶な演技が話題となった「運命~」と比べても特筆すべき点は見つからない。観客にアピールできるポイントもなく、このまま低調な興行を続けることになりそうだ。
実は本作、日米同時公開という大冒険。原題“Night in Rodanthe”とは何の関係もない、矛盾含みのユニークな邦題がどこまで興行に貢献するか楽しみだ。

80年代にTVドラマ「愉快なシーバー家」の長男役で大ブレイクしたアイドル俳優、カーク・キャメロンが久々に主演した映画「Fireproof」が4位にランクインする大健闘。839館での封切りで650万ドルを売上げ、1館あたりのアベレージでは「イーグル・アイ」に次ぐ好成績(800館以上)をあげた。
映画は、消防士の夫とその妻が、危機に直面した夫婦仲を何とか元に戻そうと、”The Love Dare”と呼ばれる40日間の救済プログラムに参加するという物語。「~シーバー家」では何かと問題の多いトラブルメーカーを演じていたキャメロンが、1人の女性を愛する夫という180度違った役柄を演じているが、すでに人気も下降線のキャメロン主演作がこれほどの数字をあげるとは誰も予想していなかった。このサプライズをうまく宣伝に利用すれば、次週以降もそこそこ持続力ある興行を展開できるかもしれない。

逆に、期待を大きく裏切ってしまったのが、スパイク・リー監督が描く第二次世界大戦ドラマ「Miracle at St.Anna」。1185館の封切りで、3日間興収はわずかに350万ドルと惨敗を喫した。前評判はかなり高く、やれスパイク・リーの最高傑作だ、アカデミー賞候補確実だのといった噂が流れていたが、蓋を開けてみれば、リーのキャリアの中でも最低といっていいほどの低評価。これにはリー自身もショックを隠せないだろう。
ただ、今回の低評価にはおそらくリーの“イーストウッド批判”が大きく影響しているように思われる。イーストウッドが監督した第二次世界大戦モノ「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」をやり玉に挙げ、「黒人兵の存在を意図的に排除している」と批判。イーストウッドから「黙ってろ」と強烈なカウンターを食らうと、内外の映画人を敵に回したことに気付き、慌てて釈明のコメントを発表するという騒動があった。映画の質が高くないのは間違いなさそうだが、ここまでの低評価はそうした背景があると考えるのが妥当といえそうだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
イーグル・アイ

P/DW
$29,200,000
3,510
$29,200,000
1
2
N
最後の初恋
WB
$13,570,000
2,704
$13,570,000
1
3
1
Lakeview Terrace
SGem
$7,000,000
2,467
$25,700,000
2
4
N
Fireproof
Gold.
$6,514,000
839
$6,514,000
1
5
2
Burn After Reading
Focus
$6,169,000
2,649
$45,540,000
3
6
4
Igor
MGM/W
$5,500,000
2,341
$14,339,000
2
7
5
Righteous Kill
Over.
$3,803,000
3,011
$34,805,000
3
8
3
My Best Friend’s Girl
LGF
$3,800,000
2,636
$14,529,000
2
9
N
Miracle at St. Anna
BV
$3,501,000
1,185
$3,501,000
1
10
6
Tyler Perry’s The Family That Preys
LGF
$3,160,000
1,604
$32,796,000
3

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]