TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] 「マーリー」V2!2億ドル突破も見えた…

[Weekend Report] 「マーリー」V2!2億ドル突破も見えた!

拡大公開の新作はなく、ランキングは先週からほとんど動きなしのBoxOffice。20世紀フォックスのファミリー映画「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」が2週連続首位をキープし、早くも興収1億ドルを突破した。年末年始興行は数字の落ち込みがほとんどないのが特徴で、年末興行を制したものが1月の年始興行でも幅を利かすことができる。「マーリー」もしばらくは好調な興行を続けることが可能で、最終的には2億ドル突破も十分にありそうだ。


同じく、2位の「ベッドタイム・ストーリー」も先週とほぼ同等の数字をあげる好調ぶりで、トータル興収8500万ドルを突破。こちらも1億5000万ドル付近まで数字を伸ばせそうだ。アダム・サンドラー主演作としてはやや期待はずれなオープニングだったが、公開時期のアドバンテージにも助けられ、最終的な興収はサンドラー主演作の中でも遜色ないレベルとなりそうだ。

アカデミー賞最多ノミネートを期待される「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」も、上映時間の長さもなんのその、興収7900万ドルを突破する大ヒットを見せている。この分なら1億ドルラインは楽々突破し、1月22日のノミネート発表までには1億5000万ドル近くまで数字を伸ばす可能性もある。

先週、1267館まで上映館数を増やして9位にジャンプアップした「ダウト/あるカトリック学校で」が、今週も順位を1つあげて8位にランクイン。トータル興収を1800万ドルまで伸ばしている。アカデミー賞作品賞部門では7,8番手を追走しているだけに、興行の好調さをアピールして何とか5番手までに滑り込みたいところ。すでにメリル・ストリープの主演女優賞、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィオラ・デイヴィスの助演賞ノミネートが確実視されているが、更なるノミネートを獲得するには、引き続き好調な興行が不可欠となる。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
1
マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと
Fox
$24,050,000
3,505
$106,510,000
2
2
2
ベッドタイム・ストーリー
BV
$20,317,000
3,684
$85,351,000
2
3
3
ベンジャミン・バトン/数奇な人生
Par.
$18,400,000
2,988
$79,011,000
2
4
4
ワルキューレ
UA
$14,042,000
2,778
$60,692,000
2
5
5
イエスマン "YES"は人生のパスワード
WB
$13,850,000
3,434
$79,413,000
3
6
6
7つの贈り物
Sony
$10,000,000
2,758
$60,038,000
3
7
7
The Tale of Despereaux
Uni.
$7,020,000
3,091
$43,742,000
3
8
10
ダウト あるカトリック学校で
Mira.
$5,031,000
1,287
$18,730,000
4
9
8
地球が静止する日
Fox
$4,850,000
2,337
$74,299,000
4
10
13
スラムドッグ$ミリオネア
FoxS
$4,770,000
612
$28,779,000
8

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]