TOP > アカデミー賞 > [2008 Precursors] サプライズ続出!ゴールデン・グローブ…

[2008 Precursors] サプライズ続出!ゴールデン・グローブ賞結果発表!

アカデミー賞 記事:2009.01.12

年々アカデミー賞との直結度が低くなってきているとはいえ、世間的な注目度は依然高いゴールデン・グローブ賞。混戦と言われる今年のアカデミー賞を象徴するように、サプライズ含みの結果となった。
ドラマ部門作品賞こそ本命「スラムドッグ$ミリオネア」戴冠となったが、主演男優賞はライバルのショーン・ペンをおさえてミッキー・ローク(The Wrestler)が受賞した。前哨戦を一歩リードしたペンはすでに受賞歴があるだけに、ロークの初ノミネート・初受賞があっておかしくない。
本命なきコメディ・ミュージカル部門を制したのは、ウディ・アレン監督の「それでも恋するバルセロナ」。マイク・リー「Happy-Go-Lucky」、大ヒットした「マンマ・ミーア!」を抑えての逆転受賞となった。主演男優賞はなんと「In Bruges」のコリン・ファレルへ!アカデミー賞本線でのノミネート・チャンスは小さいが、近年キャリア停滞がちだったファレルにとってはうれしい受賞だ。
助演女優賞も意外な結果に。本命視されたペネロペ・クロス落選でケイト・ウィンスレット(愛を読むひと)が受賞。ブロードキャスト批評家賞に続く受賞で、ウィンスレットが同部門の本命に浮上した。が!何と何と何と、ウィンスレットは続いて発表されたドラマ部門主演女優賞でも「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」で受賞!!!まさかの連続受賞で逆に票割れの心配が!?
外国語映画賞部門では、前哨戦で強さを見せていたイタリアの「Gomorra」を破って、アニメ作品「バシールとワルツを」が受賞。アカデミー賞外国語映画賞部門でもイスラエル代表としてエントリーしており、アニメ作品として初の同賞受賞が期待される。
ゴールデン・グローブ賞
■ 作品賞(ドラマ部門)
スラムドッグ$ミリオネア(監督:ダニー・ボイル/フォックス・サーチライト)
■ 作品賞(コメディ・ミュージカル部門)
それでも恋するバルセロナ(監督:ウッディ・アレン/MGM、ワインスタイン・カンパニー)!!!
■ 監督賞
ダニー・ボイル(スラムドッグ$ミリオネア)
■ 主演男優賞(ドラマ部門)
ミッキー・ローク(The Wrestler)!!!
■ 主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)
コリン・ファレル(In Bruges)!!!
■ 主演女優賞(ドラマ部門)
ケイト・ウィンスレット(レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで)!!!
■ 主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)
サリー・ホーキンス(Happy-Go-Lucky)
■ 助演男優賞
ヒース・レジャー(ダークナイト)
■ 助演女優賞
ケイト・ウィンスレット(愛を読むひと)!!!
■ 脚本賞
サイモン・ビューフォイ(スラムドッグ$ミリオネア)
■ 作曲賞
スラムドッグ$ミリオネア
■ 主題歌賞
“The Wrestler”(The Wrestler)
■ アニメーション映画賞
ウォーリー
■ 外国語映画賞
バシールとワルツを(イスラエル)!!!


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]