TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Weekend Report] ドリームワークス3Dアニメがビッグオー…

[Weekend Report] ドリームワークス3Dアニメがビッグオープニング!

ドリームワークス配給のCGアニメ「モンスターVSエイリアン」が下馬評通り強力な集客力を発揮して首位デビューを飾った。4104館の公開で3日間興収は5800万ドルと大当たり。これは3月公開作品としては「300」「アイス・エイジ2」に次ぐ史上3位の記録であり、CGアニメ作品としては11位にランクする数字。また、この作品は3Dアニメーションであり、全米1550館で3D映画として公開されている。3Dの上映館数は全体の半分以下だが、そのうち3D劇場の興収は3260万ドルと半分以上を稼いでおり、3D映画の集客力を改めて証明する格好となっている。さらに、3260万ドルの3D劇場興収のうち、2500万ドルはIMAXシアターでのものだそうで、「ダークナイト」の爆発的ヒットの要因にも挙げられたIMAXシアターの興行価値を一層高めることになった。ピクサーに追いつき追い越せのドリームワークス・アニメーションだが、昨年夏も「カンフーパンダ」が「ウォーリー」と興行的に互角の勝負を繰り広げており、すでに市場ではピクサーと同等のレベルに達している。今回は5月に公開を控える「カールじいさんの空飛ぶ家」との対決となるが、3月の公開でこれだけ強力なパフォーマンスを見せ付けたことは、ピクサーに対して大きな刺激になるはずだ。このままいけばトータル2億ドル超も十分可能であり、ピクサー「カールじいさん~」の興収対決で強烈な先制パンチを繰り出した。


2位の「The Haunting in Connecticut」は2732館の公開で3日間興収2300万ドルという予想を上回るヒット。最近好調のホラージャンルだが、この映画のヒットで一層ブームに拍車がかかりそうだ。この映画の客層は62%が女性で、またその大半が17~24歳の若年層とのこと。どうやら昨今のホラー映画ブームを形成しているのは若い女性ということのようだ。
引っ越してきた新居には実は多数の霊が取り憑いていて……という至極単純なプロットのホラームービーだが、少年が口からえもいわれぬ物体を吐き出しているグロテスクなポスターが話題となり、興行に大きく貢献した。次週の大きな落ち込みは避けられず、1億ドルの大台突破は難しいだろうが、トータル6000~7000万ドルは稼げそう。低予算のホラームービーとしては大成功の部類で、配給のライオンズゲートも大満足ではないか。

7位に初登場は20世紀フォックス配給の「12 Rounds」。プロレスラー出身のアクション俳優ジョン・シナ主演作第2弾だが、不発だったデビュー作「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」同様、冴えない興行に終わりそうだ。
2331館の公開で3日間興収は530万ドル。710万ドルでデビューした「ネバー・サレンダー」をさらに下回っており、シナの集客力を疑問視する結果となりそうだ。第3弾の主演作は製作されないかもしれない。物語は、熱血刑事のシナが犯人の仕掛けた12のワナを乗り越え逮捕を目指すという、一見「ダイ・ハード」っぽいアクション映画だが、それがまったく興行に反映されないのは、やはりシナの魅力不足が原因か。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
モンスターVSエイリアン
P/DW
$58,200,000
4,104
$58,200,000
1
2
N
The Haunting in Connecticut
LGF
$23,010,000
2,732
$23,010,000
1
3
1
ノウイング
Sum.
$14,705,000
3,337
$46,220,000
2
4
2
I Love You, Man
P/DW
$12,600,000
2,717
$37,007,000
2
5
3
デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく
Uni.
$7,556,000
2,579
$25,639,000
2
6
4
Race to Witch Mountain
BV
$5,637,000
3,268
$53,295,000
3
7
N
12 Rounds
Fox
$5,300,000
2,331
$5,300,000
1
8
5
ウォッチメン
WB
$2,755,000
2,010
$103,296,000
4
9
7
Taken
Fox
$2,700,000
1,961
$137,074,000
9
10
6
The Last House on the Left
Uni.
$2,611,000
2,251
$28,459,000
3

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]