TOP > 映画レビュー > 真実を超えたフィクション - 「レスラー」レビュー…

真実を超えたフィクション - 「レスラー」レビュー

映画レビュー 記事:2009.04.10

thewresler1_01

いたってシンプルなメロドラマなのに、強烈に胸を打つこの感動は何なのか。真実を超えたフィクションが存在しうることをこの傑作は証明した。

映画を傑作たらしめているのは何と言ってもミッキー・ロークの存在。迫真の演技、というよりも自身のすべてを注ぎ込んだ”人間”ロークの生き様が心を熱くする。これまでいくつものレビューで使ってきた”ハマリ役”という表現をすべて撤回したくなるほど、孤独なレスラーを演じたロークは役にハマっている。

正直言えばストーリーテリングもカメラワークも突出した魅力はない。ダーレン・アロノフスキーは得意とする奇抜な演出スタイルを捨て、不器用なひとりの男の生涯を不器用な手つきで描いてみせる。この潔さが映画の魅力と言っていい。


★ PICK UP ★

第75回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多7部門でノミネート!

第75回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多7部門でノミネート!

ゴールデン・グローブ賞ノミネーション 第75回ゴールデン・グローブ賞で最多7部門にノミネートされたのは、ギレル […]