TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Jpn BoxOffice] 2009年4月18日(土)~4月19日(…

[Jpn BoxOffice] 2009年4月18日(土)~4月19日(日)興行成績

「コナン」新作が大ヒットV!「スラムドッグ」好スタート!

(C)2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2週連続Vを確実視されていた「レッドクリフ PARTII」を蹴落として首位デビューを飾ったのは、人気シリーズ13作目となる「名探偵コナン/漆黒の追跡者」。341館の封切で6億円以上を売り上げる絶好のスタートを切った。「ベイカー街の亡霊」が記録したシリーズ最高興収33.8億円に迫る勢いとのこと。人気タレントDAIGOを声優に起用してプロモーションで露出させ、認知度UPに成功。DAIGOは吹替えを担当した「ウォンテッド」も大ヒットに導いており、今後も同様のケースで重宝されそうだ。

連続Vはならなかったが、「レッドクリフ PARTII」も先週からの落ち込みをわずか16%に抑える堅調な興行。総興収は22億円に迫っており、この分なら40億円超は堅いとの見方が支配的だ。

「クローズZERO 2」は前週比40%ダウンと数字を落としたが、1館あたりのアベレージは相変わらず優秀。総興収は13億円を突破しており、30億円ラインはクリアしてきそう。


4位「映画クレヨンしんちゃん/オタケベ!カスカベ野生王国」は323館で1.6億円の売り上げ。前作、前々作との対比で約半分の興収ということで、人気低迷が気にかかる。

注目のアカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」は119館の中規模公開ながら5位にランクイン。最初の週末で約1.2億円を稼いだ。目標となる10億円に届くか注目される。

ワーナー配給の邦画「おっぱいバレー」と松竹の「鴨川ホルモー」はどちらも冴えない成績。

58館で公開の「ミルク」も厳しい興行を強いられている。映画のクオリティは間違いなく最上級だが、日本人にはなじみのないハーヴェイ・ミルクの伝記映画であり、ゲイが主人公の映画ということで敬遠された格好。ショーン・ペンのアカデミー賞主演男優賞受賞も興行にあまり結びついていないようだ。

TW LW Title 配給 Weekend 前週比 劇場 AVG. Total
1 N 名探偵コナン/漆黒の追跡者(チェイサー) 東宝 $6,021,234 - 341 $17,658 $6,021,234 1
2 1 レッド・クリフPARTII 東宝東和 $5,742,556 -15.80% 728 $7,888 $21,792,252 2
3 2 クローズZERO II 東宝 $3,478,704 -40.00% 314 $11,079 $13,454,650 2
4 N 映画クレヨンしんちゃん/オタケベ!カスカベ野生王国 東宝 $1,694,368 - 323 $5,246 $1,694,368 1
5 N スラムドッグ$ミリオネア GAGA $1,181,525 - 119 $9,929 $1,181,525 1
6 N おっぱいバレー WB $848,176 - 251 $3,379 $848,176 1
7 3 ドロップ 角川 $728,103 -34.50% 163 $4,467 $16,334,875 5
8 N 鴨川ホルモー 松竹 $500,606 - 151 $3,315 $500,606 1
9 4 ヤッターマン 日活・松竹 $401,745 -45.30% 303 $1,326 $29,668,401 7
10 6 映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合! 東映 $288,078 -48.40% 193 $1,493 $6,493,362 4

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]