TOP > 全米興行収入 - Box Office > [Jpn BoxOffice] 2009年5月30日(土)~5月31日(…

[Jpn BoxOffice] 2009年5月30日(土)~5月31日(日)興行成績

「ROOKIES/卒業」が今年最大のビッグオープニング!

「ROOKIES/卒業」が驚きのビッグオープニング。最初の週末で12億円超を稼ぎ出すメガヒットスタートを切った。
森田まさのりの原作漫画を映像化したTVシリーズは放送開始当初こそ鈍い出足だったが、その後10代視聴者を中心に人気が広まり、放送終了時には多数のファンを獲得するに至った。映画もヒットすべくしてヒットした感があるが、これだけの数字をあげたのは、やはりTVでの大量の番宣が一役買っているだろう。朝から晩まであらゆる番組に出演者たちがゲストで出演。何せ主要キャストだけで10人以上いるのだから、バラで稼動して大量露出も可能なのだ。しかも割と無名なキャストにしても皆が野球のユニフォームを着ているのだから、ひと目で「ROOKIES」キャストだとわかる。実に有効な宣伝だったと言える。
12億円超というオープニング興収は、昨夏公開されあの「インディ4」を凌ぐ80億円の興収をあげた「花より男子」の121%という成績。この対比でいけば「ROOKIES」の総興収は90億~100億も夢ではないことになる。今年公開された作品の中ではNo.1ヒットとなることが確実だ。おそらく次週以降急速に数字を落とすことも考えにくく、しばらくはランキング上位に居座ることになるだろう。


全米では今のところ上半期No.1ヒット作となっている「スター・トレック」だが、日本ではテイクオフに失敗。275館の封切りで1億5400万円の売り上げと苦戦を強いられた。高年齢層には知名度も高い人気シリーズで、若年層にも受けるように、リ・イマジネーションされた新作だったが、日本人には響きにくかったようだ。このままでは10億にも満たない興行に終わることになりそうで、ハリウッド映画劣勢を改めて印象付ける結果となってしまった。

同じく苦戦の6位「お買い物中毒な私!」はディズニー配給のコメディー。232館の公開で興収はわずか5700万円。一昔前なら「プリティ・ウーマン」の路線でそれなりに商売になった可能性のある作品だが、今はもうサッパリだ。今にして思えば数年前の「プラダを着た悪魔」のヒットが奇跡のように思える。

TW LW Title 配給 Weekend 前週比 劇場 AVG. Total
1
N
ROOKIES 卒業 東宝
$12,703,775
-
428
$29,682
$12,703,775
1
2
1
天使と悪魔 ソニー
$3,060,509
-20.80%
723
$4,233
$21,398,704
3
3
2
余命1ヶ月の花嫁 東宝
$2,211,393
-17.00%
310
$7,134
$22,501,030
4
4
N
スター・トレック パラマウント
$1,541,319
-
275
$5,605
$2,007,864
1
5
6
60歳のラブレター 松竹
$641,246
-4.90%
189
$3,393
$4,765,714
3
6
N
お買い物中毒な私! ディズニー
$574,269
-
232
$2,475
$574,269
1
7
3
レッド・クリフPARTII 東映
$468,642
-40.60%
392
$1,196
$55,776,781
8
8
5
Baby, Baby, Baby! 東映
$443,737
-38.00%
227
$1,955
$1,861,153
2
9
8
重力ピエロ アスミック
$440,549
-28.80%
173
$2,547
$2,190,249
6
10
4
名探偵コナン/漆黒の追跡者(チェイサー) 東宝
$426,283
-42.90%
315
$1,353
$35,076,747
7

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]