TOP > 全米興行収入 - Box Office > [US BoxOffice] 2009年7月10日(金)~7月12日(日…

[US BoxOffice] 2009年7月10日(金)~7月12日(日)興行成績

“ボラット”旋風再び? 「Bruno」が堅調なデビュー

「ボラット」で全米を爆笑の渦に巻き込んだお騒がせコメディアン、サシャ・バロン・コーエンが主演するモキュメンタリー・コメディー「Bruno」が大方の予想通り首位デビューを飾った。

オーストラリア人のゲイのファッション・デザイナーが一旗挙げようと渡米して騒動を繰り広げるというプロットで、常識ハズレの外国人がアメリカ社会をコケにするというコンセプトは「ボラット」と同じ。しかしながら、前作「ボラット」のインパクトが強すぎたせいか、映画ファンおよび批評家の本作へのリアクションは意外にも冷ややかなものとなっている。興行的には、全米2768館で封切られ、最初の週末で約3000万ドルを売り上げた。優秀な数字ではあるのだが、「ボラット」が最初の週末にわずか836館で2600万ドルを売り上げたのに比べると物足りない。また、「ボラット」は手放しで絶賛した批評家たちも、本作に対しては厳しい評価を与えている。映画興行における異物混入のようなイメージだった「ボラット」がクチコミで観客を動員したのに対し、今回の新作はおそらく次週から厳しい興行を強いられるはずで、トータル興収は1億ドルに届かない可能性が高い。


7位に初登場の「I Love You Beth Cooper」は、「ホーム・アローン」「ハリー・ポッター」シリーズの生みの親クリス・コロンバス監督の最新作。学校一の人気者べス・クーパーに恋してしまった冴えないオタク少年の奮闘が描かれるコメディーだ。
ヒット作の実績十分で、その気になればいくらでも予算の集まる作品を作れるはずのコロンバス監督だが、ブロードウェイ・ミュージカルの傑作を映画化した前作「レント」が思うような成果をあげられなかったためか、今回は製作費わずか1800万ドルという低予算で仕上げられている。
1858館で封切られた本作は、最初の3日間興収が490万ドルと惨敗。べス・クーパー役に人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」のヒロイン、ヘイデン・パネッティーアを起用して集客を図ったが、成果は得られなかった。コロンバス監督はこれで2作続けての失敗。次回作は「ハリー・ポッター」シリーズの再現を狙う「Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief」が待機中だが、これがコケるようだとキャリアの危機に直面か。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
Bruno Uni.
$30,426,000
2,756
$30,426,000
1
2
2
アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの Fox
$28,500,000
4,102
$120,573,000
2
3
1
トオランスフォーマー/リベンジ P/DW
$24,200,000
4,293
$339,208,000
3
4
3
パブリック・エネミーズ Uni.
$14,111,000
3,336
$66,538,000
2
5
4
あなたは私の婿になる BV
$10,507,000
3,158
$113,764,000
4
6
5
The Hangover WB
$9,930,000
3,002
$222,442,000
6
7
N
I Love You Beth Cooper Fox
$5,000,000
1,858
$5,000,000
1
8
6
カールじいさんの空飛ぶ家 BV
$4,656,000
2,201
$273,775,000
7
9
7
私の中のあなた WB
$4,180,000
2,444
$35,801,000
3
10
8
サブウェイ123 Sony
$1,600,000
1,116
$61,494,000
5

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]