TOP > 全米興行収入 - Box Office > [US BoxOffice] 2009年7月24日(金)~7月26日(日…

[US BoxOffice] 2009年7月24日(金)~7月26日(日)興行成績

ブラッカイマー印のアニメが「ハリポタ」退治!

ジェリー・ブラッカイマーがファミリー層観客を狙って放つ新作「G-Force」が「ハリポタ6」をハナ差交わして首位デビューを飾った。
ビル・ナイやウィル・アーネットなど手練の俳優たちが声の出演を果たすCGアニメーションで、ハイテク武器を駆使するモルモット舞台が世界を救うという荒唐無稽なアクション・ファンタジーだ。ブラッカイマー・ブランドにモノを言わせ、オープニングの週末には3697館という作品規模にそぐわない超拡大公開が実現。それなりにファミリーを集客し、3日間で3200万ドル超の興収を記録してみせた。客層のかぶる「ハリポタ6」の翌週にぶつけるという無謀な試みが成功したのか失敗したのかはわからないが、ともかくブラッカイマー・ブランドを傷つけない程度の成果は残したと言えるだろう。作品のクオリティに関してはあまりよい評が聞かれないことから、クチコミで集客を伸ばすタイプとも言えず、このまま尻すぼみの興行となる可能性が高い。1億ドル手前で失速することになりそうだ。


先週ブッちぎりの首位でデビューした「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は早くもランクを1つ下げた。2週目の興収は、前週比61%ダウンとなる3000万ドル。公開後10日間で2億ドルを突破したものの、これは前作「不死鳥の騎士団」とほぼ同じペースの興行となる。ただし、スタートダッシュで勝った「謎のプリンス」のほうが数字の落ち込みは激しく、最終的には「不死鳥の騎士団」が記録した2億9000万ドルに届かない可能性も出てきた。このシリーズの持つ興行ポテンシャルは現時点ではこのあたりが限界なのかもしれないが、最終章とる残り2作品ではおそらく盛り返すはず。次作でシリーズ最高興収記録を更新というシナリオも十分にある。

3位にランクインはソニー・ピクチャーズが贈るロマンティック・コメディー「男と女の不都合な真実」。キャサリン・ハイグル扮するお堅いTVプロデューサーと、ジェラルド・バトラー扮する恋愛の達人であるTVホストが恋の鞘当を展開する。男と女、両者の本音が包み隠さず披露されるとあって、市場でのウケは非常によく、2882館の公開で、3日間興収2700万ドルとソリッドなスタートを切った。
ただし、批評家からは壊滅的に近い悪評を頂戴しており、下手をすると来年のラジー賞最有力候補ともなりかねない勢いだ。

4位に初登場はワーナー配給のホラー「Orphan」。子宝に恵まれない夫婦が養女を引き取ったまではよかったが、その娘が何やら忌まわしい悪霊を呼び寄せていることに気付き……という「オーメン」のようなプロット。ただし夫婦を演じる2人が演技派と評価の高いピーター・サースガードとヴェラ・ファーミガというやたらと豪華な面々で、二流スプラッターとは違う意気込みが感じられるが、その分、ボックスオフィスでは2750館の公開で1270万ドルの売り上げと今ひとつの成績に終わっている。残念ながら批評家の受けもそれほど芳しくなく、見所の少ない作品となってしまっているようだ。

先週12位でデビューした「(500)日のサマー」は、公開劇場を85館に増やしてワンランクアップを達成。1館あたりのアベレージはいまだ2万ドル近く、好調を維持している。ジョセフ・ゴードン=レヴィット扮する主人公トムと、ズーイー・デシャネル扮する爛漫で小悪魔なサマーとの500日間が描かれる”ボーイ・ミーツ・ガール”ストーリー。ただし、本編でも注釈が入るように、”恋物語”では決してない。作品のクオリティは高く、09年の「JUNO/ジュノ」になれるか引き続き
注目したい。

限定公開組ではもう1本、イラク戦争突入前のイギリス政府の混沌がユーモアたっぷりに描かれる「In the Loop」が盛況。8館の公開でアベレージ2万5000ドルと好調な興行を展開している。批評家の評価も極めて高く、このポリティカル・コメディーは暮れの批評家賞である程度の活躍が見込めそうだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
G-Force BV
$31,706,934
3,697
$31,706,934
1
2
1
ハリー・ポッターと謎のプリンス WB
$29,462,187
4,325
$221,295,818
2
3
N
男と女の不都合な真実 Sony
$27,605,576
2,882
$27,605,576
1
4
N
Orphan WB
$12,871,483
2,750
$12,871,483
1
5
2
アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの Fox
$8,408,430
3,300
$171,499,101
4
6
3
トランスフォーマー/リベンジ P/DW
$8,124,427
3,237
$379,214,172
5
7
6
The Hangover WB
$6,461,370
2,285
$247,073,766
8
8
5
あなたは私の婿になる BV
$6,379,926
2,779
$140,042,989
6
9
7
パブリック・エネミーズ Uni.
$4,352,650
2,291
$88,278,880
4
10
4
ブルーノ Uni.
$2,832,870
1,895
$56,629,390
3

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]