TOP > 全米興行収入 - Box Office > [US BoxOffice] 2009年9月4日(金)~9月6日(日)興…

[US BoxOffice] 2009年9月4日(金)~9月6日(日)興行成績

サンドラ・ブロック主演コメディーが3位で初登場!

前週から54%の大幅ダウンを喫したものの、ライバル不在に助けられて「ファイナル・デッドサーキット 3D」がV2達成。トータル興収は4700万ドルに達しており、シリーズ最高興収(これまではPart3の5400万ドルが最高)となることがほぼ確実となった。このヒットを受け、更なる続編製作にもGOサインが出そうだ。

2位の「イングロリアス・バスターズ」は3週で9100万ドルを突破。これは1週早く封切られた「District 9」とほぼ同等の推移で、同作を物差しにすれば、来週は晴れて1億ドルの大台クリアということになる。タランティーノ作品No.1ヒットとなるのは確実だ。


3位に初登場はサンドラ・ブロック主演のラブ・コメディー「All About Steve」。自宅でのクロスワード製作を仕事にしているメアリーが、ある日TVカメラマンのスティーヴに一目惚れして徹底アタックを開始する。ストーカーまがいのメアリーに恐れおののくスティーヴだが、いつしか2人の関係に変化が……。「あなたは私の婿になる」で久々の大ヒットを飛ばしたサンドラ・ブロックの新作で、相手役を演じるのは「The Hangover」がメガヒットとなり一躍スターダムに躍り出たブラッドリー・クーパー。今もっともノッているスター2人の新作ということで期待度も高かったが、2251館でオープニング興収1120万ドルと平凡な数字に終わっている。批評家から総攻撃を受けているところを見ると、そもそも作品の質に大きな問題がありそうだ。

4位はジェラルド・バトラー主演の近未来スリラー「Gamer」。マインド・コントロール技術が発達した近未来を舞台に、恐るべき陰謀が展開される。2502館の公開で最初の3日間興収が900万ドルと不発。「男と女の不都合な真実」がスマッシュヒットしたバトラーだが、まだ単体で客を呼べるほどのスターパワーは持ち合わせていないようだ。

9位には「Extract」がランクイン。ジェイソン・ベイトマン扮する会社経営者に次々と不運がふりかかる。1611館で公開されるも、オープニング興収は430万ドルと惨敗。ただし、批評家受けは悪くなく、一見の価値ある作品と認められている。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
1
ファイナル・デッドサーキット 3D WB (NL)
$12,315,000
3,121
$47,446,000
2
2
2
イングロリアス・バスターズ Wein.
$11,671,000
3,358
$91,867,000
3
3
N
All About Steve Fox
$11,225,000
2,251
$11,225,000
1
4
N
Gamer LGF
$9,120,000
2,502
$9,120,000
1
5
4
District 9 TriS
$7,100,000
3,139
$101,374,000
4
6
3
Halloween II W/Dim.
$5,740,000
3,088
$25,796,000
2
7
6
Julie & Julia Sony
$5,300,000
2,528
$78,940,000
5
8
5
G.I.ジョー Par.
$5,155,000
2,846
$139,470,000
5
9
N
Extract Mira.
$4,367,000
1,611
$4,367,000
1
10
7
きみがぼくを見つけた日 WB (NL)
$4,310,000
2,803
$54,652,000
4

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]