TOP > 全米興行収入 - Box Office > [US BoxOffice] 2009年10月23日(金)~10月25日…

[US BoxOffice] 2009年10月23日(金)~10月25日(日)興行成績

話題の「パラノーマル~」が「ソウ6」を完全撃破!!!

全米で社会現象を巻き起こしている低予算ホラー「Paranormal Activity」が、公開5週目にしてとうとう首位の座を獲得した。ここ数年、ハロウィーン前のこの週末は「ソウ」シリーズの独壇場と化していたが、今年は「ソウ」とは一味違うリアル風味のホラーが市場を席巻した。
今週末の興行成績は、1945館の公開にして興収2100万ドル。1館あたりのアベレージはいまだに1万ドルを超えていて、その勢いはとどまるところを知らない。総興収も6100万ドルを突破。この勢いなら1億ドルの大台も超えてきそうだが、1つ大きな脅威となりそうなのが、水曜に初日を迎えるマイケル・ジャクソンの記録映画「THIS IS IT」の存在だ。大物ゲストが多数登場したワールドプレミアの宣伝効果、そして2週間の限定公開という希少価値を考えると、水曜から最初の週末にかけてはかなりの集客が見込めそう。「Paranormal~」の話題を打ち消すに足るインパクトがある。マイケルの脅威を凌いでどこまで数字をキープできるか、1億ドル突破のポイントはそこに絞られる。


定位置を譲る格好となってしまった「ソウ6」は3036館の封切りで1400万ドルと不調に終わっている。一昨年の「4」がオープニングで3100万ドル、昨年の「5」も3000万ドル稼いでいるので、「6」は例年の半分以下しか稼げなかった計算。マンネリ化したシリーズ展開にファンが飽きかけているところに、「Paranormal~」のような新しいタイプのホラーが台頭し、一層の客離れを生んでしまったというところか。とはいえ制作費はたったの1100万ドルとあって、早々に予算は回収。早速来年の「7」公開も決まったようだ。一体いつまで続くのやら。

そして日本絡みの作品が2本、トップ10圏内にランクイン。まずは先週日本でも封切りを迎えたCGアニメ「ATOM」。手塚治虫の国民的漫画を監督のアニメスタジオが映画化した作品で、3014館の上映で670万ドルの売り上げ、6位デビューとなっている。人気ジャンルの割りにはだらしない興収で、作品のクオリティに関しても批評家からは厳しい評が相次いでいる。

もう1本は渡辺謙が出演している「Cirque du Freak: The Vampire’s Assistant」。こちらも2754館の封切りで620万ドルと冴えない成績に終わっている。

惜しくも圏外11位デビューとなったのは、フォックス・サーチライトがアカデミー賞も視野に入れて封切った「Amelia」。伝説的な女性冒険家アメリア・イヤハートの生涯を描く伝記映画で、アメリア役を演じるヒラリー・スワンクが3度目のオスカー受賞なるかと高い前評判で迎えられていたが、ふたを開けてみれば批評家からの評価は総じて厳しいものばかりで、アカデミー賞どころかラジー賞の有力候補に躍り出てしまった。820館の公開で390万ドルと売り上げもイマイチで、批評家からの不評を受け、次週はさらに数字を落とすことになりそうだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
3
Paranormal Activity Par.
$21,104,070
1,945
$61,580,588
5
2
N
ソウ6 LGF
$14,118,444
3,036
$14,118,444
1
3
1
かいじゅうたちのいるところ WB
$14,019,406
3,735
$53,558,981
2
4
2
Law Abiding Citizen Over.
$12,403,888
2,890
$40,008,703
2
5
4
Couples Retreat Uni.
$10,620,685
3,074
$77,736,885
3
6
N
ATOM Sum.
$6,702,923
3,014
$6,702,923
1
7
N
Cirque du Freak: The Vampire’s Assistant Uni.
$6,293,205
2,754
$6,293,205
1
8
5
The Stepfather (2009) SGem
$6,230,969
2,734
$20,082,652
2
9
6
くもりときどきミートボール Sony
$5,250,541
2,741
$114,854,877
6
10
7
ようこそゾンビランドへ Sony
$4,205,812
2,447
$67,213,384
4

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]