TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年2/5~2/7】 「アバター」ついに陥…

【全米ボックスオフィス 2010年2/5~2/7】 「アバター」ついに陥落!L・ハルストレム新作恋愛劇が首位に立つ!

ついに7週にして「アバター」の天下が終わりを迎えた。世界興収&北米興収No.1を達成したモンスタームービーの8週連続首位を阻んだのは、意外な伏兵だった。

前作「HACHI 約束の犬」が全米では未公開のままDVDスルーとなってしまったラッセ・ハルストレム監督の新作「Dear John」が、オープニング3日間で3200万ドルを稼ぐロケットスタートを見せ、2位「アバター」に大差をつけて首位デビューを飾った。世界中の若者たちから涙を搾り取った恋愛映画のバイブル「きみに読む物語」の原作者が06年に発表した同名小説の映画化で、911テロによって引き裂かれる若いカップルの悲恋を描いた感動作だ。
911テロの余波で戦地への赴任を余儀なくされる軍人を「G.I.ジョー」のチャニング・テイタムが、残される恋人役を「マンマ・ミーア」のアマンダ・セイフリードが演じている。今人気絶頂の若手2人を主演に迎えたこの恋愛劇の製作費はわずかに2500万ドルで、たったの2日間で製作費を回収するという驚きのヒットとなった。


2位に転落したとはいえ、「アバター」は劇場数を74減らしながらも前週比わずかに24%減と相変わらずレベルの高い興行を展開している。8週目の週末も2360万ドルを稼いでおり、総興収は6億3000万ドルを突破。驚異の7億ドル超えも間違いないところまできている。
日本でもこの週末やや数字を落としながらも7週連続1位を獲得。総興収は96億3000万円に達している。100億円突破は目前で、配給の20世紀フォックスは最終的に150億円の興収を目指すと鼻息を荒くしている。

3位にはリュック・ベッソン製作&ピエール・モレル監督の「96時間」コンビが放つ新作「From Paris with Love」がランクイン。昨年同時期に公開され、あれよあれよという間に1億ドル超のサプライズヒットとなった「96時間」だが、ジョン・トラヴォルタを主演に迎えた新作は2722館の封切りで興収はわずかに810万ドルと寂しい結果に終わっている。5200万ドルの製作費を米国内で回収するのは難しそうだが、本国フランスでそこそこ回収できるのでは。

8位には819館まで拡大公開した「Crazy Heart」が食い込む健闘を見せた。アカデミー賞主演男優賞、助演女優賞、主題歌賞の3部門にノミネートされた勢いを駆り、キャンペーン上手のフォックス・サーチライトが最後の一押しにと攻勢に出た感。おそらくジェフ・ブリッジスの主演男優賞受賞はまず間違いないだろうが、このまま投票締め切りまでBoxOffice TOP10内をキープ出来るようなら、ブリッジス受賞に死角はなくなるだろう。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
Dear John SGem
$32,400,000
2,969
$32,400,000
1
2
1
アバター Fox
$23,600,000
3,000
$630,093,000
8
3
N
From Paris with Love LGF
$8,120,000
2,722
$8,120,000
1
4
2
Edge of Darkness WB
$7,005,000
3,066
$29,097,000
2
5
4
Tooth Fairy Fox
$6,500,000
3,218
$34,333,000
3
6
3
When in Rome BV
$5,504,000
2,456
$20,899,000
2
7
5
ザ・ウォーカー WB
$4,835,000
2,820
$82,163,000
4
8
14
Crazy Heart FoxS
$3,650,000
819
$11,188,000
8
9
6
Legion SGem
$3,400,000
2,339
$34,678,000
3
10
8
シャーロック・ホームズ WB
$2,630,000
1,805
$201,579,000
7

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]