TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年2/12~2/14】 日米同時公開の恋…

【全米ボックスオフィス 2010年2/12~2/14】 日米同時公開の恋愛群像劇が猛ダッシュ!ポスト「ハリポタ」2位

日米同時公開となった「バレンタインデー」。日本では初登場4意図伸び悩んだが、本国では3665館の拡大公開で3日間興収5400万ドル超を稼ぐ大ヒットスタートを切った。「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督が手がけたこのウェルメイドな群像ラブコメディは、ジュリア・ロバーツ、アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー、ジェシカ・アルバ、シャーリー・マクレーン、ブラッドリー・クーパーら、新旧スターたちが豪華絢爛にスクリーンを彩る見た目にも楽しい娯楽作。批評家からは散々叩かれているものの、映画ファンはこのライトな恋愛劇を大いに楽しんだようだ。

オープニング興収5200万ドルという数字は、5年前の同時期に公開されたウィル・スミス主演作「最後の恋のはじめ方」のオープニング(4300万ドル)をはるかに上回る好成績。「最後~」を物差しにすれば、最終的には2億ドルを超える興収が期待できる。すでにニューイヤーズ・イヴを舞台にした続編企画も進行中のようで、このヒットが続編に更なるビッグネームを呼び込むことになりそうだ。


20世紀フォックスがポスト「ハリポタ」を目論み市場に送り込んだ「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」は2位に初登場。1億ドル近い制作費をかけた大作だけに2位での出足は物足りないが、興収は3100万ドル超とまずまずの結果。「ハリポタ」とは比べるのもおこがましいが、まずはフランチャイズ化に向けて及第点のスタートを切った。とはいえ、20世紀フォックスはこれまでにも「エラゴン」「ジャンパー」「ドラゴンボール」と数々のシリーズ化想定企画を失敗させてきた過去があるだけに、「パーシー」も同じ道を辿る可能性は低くない。次週、落ち込みを最小限に抑え、総興収1億ドルを超えてくるようなら望みは見えてくるだろう。日本でも2月26日(金)から公開。

僅差の3位には「ウルフマン」がランクイン。本来であれば1年前に公開されているはずが、作品の完成度を高めるためここまで公開を先延ばしに。その甲斐あってか、最初の週末は3222館の公開で3000万ドル超を売り上げる好調な滑り出しとなった。「ロケッティア」「ジュラシック・パーク3」など質の高い娯楽アクション映画の他、全男子感涙必至の名作「遠い空の向こうに」の監督としても知られるジョー・ジョンストン監督によるゴシック・ホラーの映像化で、狼男役にベニチオ・デル・トロという完璧なキャスティングが実現。ただし、作品自体の評価はそれほど高くなく、映画として満足な出来に高めるには公開をもう1年待つ必要があったかも……。オープニング興収は期待を上回るものだったものの、1億5000万ドルとも伝えられる高額の製作費を回収するまでの道のりは長い。北米興収だけでの回収はほぼ不可能だろう。

「アバター」は4位までランクダウンしたものの、上映館が315館減少した先週末も2200万ドルを稼ぐ恐ろしい腰の強さ。前週比わずかに3.7%減とはもう呆れるしかない。総興収も6億5900万ドルに達しており、この分なら7億ドルはおろか、驚異の8億ドルにまで手が届く勢いだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
バレンタインデー WB
$52,410,000
3,665
$52,410,000
1
2
N
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 Fox
$31,100,000
3,356
$31,100,000
1
3
N
ウルフマン Uni.
$30,627,000
3,222
$30,627,000
1
4
2
アバター Fox
$22,000,000
2,685
$659,605,000
9
5
1
Dear John SGem
$15,300,000
2,975
$53,178,000
2
6
5
Tooth Fairy Fox
$5,600,000
2,748
$41,528,000
4
7
3
From Paris with Love LGF
$4,740,000
2,722
$15,850,000
2
8
4
Edge of Darkness WB
$4,585,000
2,615
$36,069,000
3
9
8
Crazy Heart FoxS
$4,000,000
1,005
$16,526,000
9
10
6
When in Rome BV
$3,429,000
2,125
$26,027,000
3

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]