TOP > アカデミー賞 > [受賞最終予想] 長編アニメーショ映画賞…

[受賞最終予想] 長編アニメーショ映画賞

アカデミー賞 記事:2010.02.22

ピクサーの記念すべき10本目の長編劇場映画「カールじいさんの空飛ぶ家」は、北米だけで2億9300万ドルを稼ぎ出す大ヒットを記録。ピクサー史上2番目(1位は「ファインディング・ニモ」の3億3900万ドル)の成功作となったが、作品のクオリティもレベルの高いピクサー作品の中に混じって1,2を争う高評価となっている。今年は作品賞ノミネート枠が10に拡大されたことで、アニメ作品にも作品賞候補のチャンスが生まれ、本作も見事にノミネートを勝ち取った。「美女と野獣」以来2度目の作品賞候補という偉業を達成した本作は、この部門では頭2つ3つ抜け出した存在だ。よほどのことがない限り受賞を逃すことはないだろう。

重箱の隅をつつくように”よほどのこと”を想像してみるなら、作品賞ノミネーションを受けたことが逆に票割れを生んでしまうこと、十分すぎる成功へのやっかみ(作品単体に対しても、ピクサーに対しても)、CGアニメに食傷気味な会員たちの敬遠……などが挙げられるが、どれも瑣末な不安に過ぎない。もし「カールじいさん」が受賞を逃すようなことがあるなら、漁夫の利的にオスカー像を手にするのは「コララインとボタンの魔女 3D」ということになるだろうが、その可能性は限りなく低いと言っていいだろう。

監督のピート・ドクターは「モンスターズ・インク」以来の同賞ノミネートとなるが、当時は宿敵ドリームワークスの「シュレック」に破れており、今回受賞なら初のオスカー像。学生時代の恩師に感謝の辞を述べた昨年のアンドリュー・スタントン(「WALL・E」)のように、ピクサー・スタッフは授賞式でのスピーチもひとひねり効いていて楽しいので、賞の行方よりもピート・ドクターの受賞スピーチを楽しみに待ちたい。

pic ○ コララインとボタンの魔女 3D
(監督:ヘンリー・セリック)

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」監督による異質ファンタジー。少女が迷い込んだのは、目がボタンになっている魔女が住む世界だった。

公式サイト

pic   Fantastic Mr.Fox
(監督:ウェス・アンダーソン)

ロアルド・ダール原作「すばらしき父さん狐」をストップモーション・アニメとして映像化。奇才ウェス・アンダーソンが風変わりな世界を構築する。

公式サイト

pic   プリンセスと魔法のキス
(監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ)

「アラジン」を手がけた監督コンビ新作。CGアニメ全盛の時代に2Dアニメーションが甦る。ディズニーの2Dアニメ作品は5年ぶりの登場になる。

公式サイト

pic   The Secret of Kells
(監督:トム・ムーア)

「ポニョ」を破って堂々の候補入りを果たしたフランス製アニメ。”Book of Kells”をバイキングの手から守ろうとする修道僧の少年の物語。

公式サイト

pic ◎ カールじいさんの空飛ぶ家
(監督:ピート・ドクター)

北米だけで2億9000万ドル超を稼いだ大ヒットCGアニメ。亡き妻との約束を果たすため、カールじいさんが風船で浮かせた家で旅に出るが……。

公式サイト


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]