TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年4/9~4/11】 2大人気コメディ…

【全米ボックスオフィス 2010年4/9~4/11】 2大人気コメディアン共演の新作が首位デビュー!

pic

「ザ・オフィス」のスティーヴ・カレル&「30 ROCK」のティナ・フェイというTVドラマシリーズの人気者2人が夢の共演を果たしたコメディー「Date Night」が3374館で公開され、2700万ドルの興収をあげ首位デビューを果たした。カレルは「40歳の童貞男」でブレイク以降、「エバン・オールマイティ」「ゲット・スマート」の2本で1億ドル超を売り上げているヒットメイカー。対するフェイも単独主演作「ベイビー・ママ」で6000万ドル超を売り上げ、アカデミー賞授賞式のホスト候補に名前が挙がるほどの人気者だ。オープニング3日間の成績は、決して人気者2人の共演による化学反応が起きているとは言い難いものだが、5500万ドルの製作費を思えば十分に及第点を与えられるものではある。
ただ、批評家からの反応は悪くなく、肯定的見解が多数を占めている。映画のおもしろさという点では、2人の共演は十分に化学反応を起こしていたといえそうだ。


先週からワンランクダウンの「タイタンの戦い」は2680万ドルを売り上げたが、前週比56%減と予想通り厳しい興行を強いられている。ただし、トータル興収はすでに1億1000万ドルを超え、製作費1億2500万ドルの回収は問題なさそう。最終的には2億ドルラインギリギリの攻防になりそうだ。

一方、3位に踏みとどまった「ヒックとドラゴン」は前週比わずか12%減とアニメ作品らしい腰の強い興行。この週末も2500万ドルを売上げ、総興収は1億3300万ドルを突破している。この分なら2億ドルは楽々クリアできそうで、同社の「シュレック」シリーズ以外の作品としては、「カンフーパンダ」の2億1500万ドルを超えて、もっとも成功した作品として記憶されることになりそうだ。

10位にランクインは感動ドラマ「Letters to God」。神様に宛てて手紙を書く癌の病に侵された少年と、郵便配達人の心の交流を描く、実話を元にしたヒューマンドラマ。批評家からの評価は散々で、897館の公開も興収は125万ドルと大苦戦。独立系配給会社Vivendi Entertainmentの挑戦は無残に散ってしまった。

 

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
Date Night Fox
$27,100,000
3,374
$27,100,000
1
2
1
タイタンの戦い WB
$26,875,000
3,802
$110,468,000
2
3
3
ヒックとドラゴン P/DW
$25,350,000
4,007
$133,891,000
3
4
2
Tyler Perry’s Why Did I Get Married Too? LGF
$11,000,000
2,155
$48,520,000
2
5
4
The Last Song BV
$10,000,000
2,674
$42,400,000
2
6
5
アリス・イン・ワンダーランド BV
$5,600,000
2,530
$319,300,000
6
7
6
Hot Tub Time Machine MGM
$5,430,000
2,611
$36,969,000
3
8
7
バウンティー・ハンター Sony
$4,300,000
2,901
$56,001,000
4
9
8
Diary of a Wimpy Kid Fox
$4,100,000
2,453
$53,756,000
4
10
N
Letters to God Viv.
$1,250,000
897
$1,250,000
1

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]