TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年5/7~5/9】 夏興行開幕!「アイ…

【全米ボックスオフィス 2010年5/7~5/9】 夏興行開幕!「アイアンマン2」記録的な出だしも失望の声多数……

pic

サマーシーズン興行の幕開けを告げる超大作「アイアンマン2」がいよいよ公開され、大ヒットスタートを切っている。史上最多となる4380館という超拡大公開でお披露目された同作が、最初の週末で稼ぎ出した金額は1億3360万ドル。「1」の9800万ドルを軽々と上回り、これまで14本しかないオープニング週末での1億ドル超えクラブに見事仲間入りした。

ただし、業界内では1億5000万ドル付近の売上げを予想する声が多く、史上5番目となるオープニング売上げ記録に失望のため息が漏れているのも事実。木曜の深夜興行でも売上げは750万ドルと低迷し(「ニュー・ムーン/トワイライト・サーガ」は2630万ドル)、金曜の初日興収も史上7番目の記録となる5240万ドルと期待を下回った。公開館数にモノを言わせて数字を稼いだものの、その人気ぶりはまだ超一流シリーズの仲間入りと認定するにはやや足りないか。

とはいえ、この分なら3億ドルの壁は問題なくクリアしそうで、紛れもない一流シリーズであることは間違いない。パート3の製作にも早々にGOサインが出るだろう。


10位にランクインはドキュメンタリー映画「Babies」。サンフランシスコ、東京、モンゴル、ナミビアという全く土地柄・境遇の違う4つの都市で生まれた4人の赤ん坊の成長過程を追った問題作で、赤ん坊が本当に必要としているものは何か?を問う。批評家たちからの評価は高い本作だが、「アイアンマン2」のような娯楽作に人が押し寄せるサマーシーズンにあって、お堅いドキュメンタリーをヒットさせるのは至難の業。配給のフォーカス・フィーチャーズはこれを534館という大きな規模で公開する賭けに出たが、残念ながら結果は無残なものとなっている。

さて次週は、カンヌ国際映画祭でもオープニング上映されるラッセル・クロウ&リドリー・スコット監督コンビの新作「ロビン・フッド」が公開。「アイアンマン2」のV2を阻止するのは困難だが、こちらも5000万ドル級のオープニングが期待できる。「グラディエーター」のようなハイクオリティな娯楽映画を期待したいところだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
アイアンマン2 Par.
$133,600,000
4,380
$133,600,000
1
2
1
エルム街の悪夢 WB (NL)
$9,170,000
3,332
$48,530,000
2
3
2
ヒックとドラゴン P/DW
$6,760,000
3,003
$201,093,000
7
4
3
Date Night Fox
$5,300,000
2,734
$80,854,000
5
5
4
The Back-Up Plan CBS
$4,345,000
3,003
$29,415,000
3
6
5
Furry Vengeance Sum.
$4,000,000
3,002
$11,621,000
2
7
7
タイタンの戦い WB
$2,305,000
2,157
$157,808,000
6
8
9
Death at a Funeral SGem
$2,100,000
1,706
$38,323,000
4
9
6
The Losers WB
$1,800,000
2,450
$21,450,000
3
10
N
Babies Focus
$1,575,000
534
$1,575,000
1

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]