TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年6/11~6/13】 80年代対決はカ…

【全米ボックスオフィス 2010年6/11~6/13】 80年代対決はカラテ・キッドの圧勝!Aチームは不発!

80年代対決はカラテ・キッドの圧勝!Aチームは不発!
pic

80年代を賑わせた青春カンフー映画「ベスト・キッド」と、痛快アクションTVドラマシリーズ「特攻野郎Aチーム」が約30年の時を経て映画ファンの前に並んで姿を現した。ハリウッドのネタ不足を象徴するかのようなラインナップだが、それでも市場はこの懐かしい名作を楽しんだようだ。ただし、2本のうちの1本だけだが。

80年代カムバック・ウィーク商戦を制し、閑古鳥が鳴く今年の全米夏興行に活気を取り戻したのは、ハリウッド一のモテ男ウィル・スミスがプロデュースし、ハリウッド一の遺伝子を受け継いだ息子ジェイデン・スミスが主演するカンフー映画「ベスト・キッド」の方だった。戦前の予想では、「ベスト・キッド」がオープニング興収2500万ドル程度、「Aチーム」が5000万ドル超と見積もられていただけに、まったく反対の数字がはじき出されたことに業界は驚きを隠せずにいる。

3663館という、親父ウィルの威光が存分に発揮された超拡大公開にふさわしい、5600万ドルというオープニング興収をあげたこのキッズ主演ムービーは、今から20年前、「ホーム・アローン」のマコーレー・カルキンが「ロッキー」をノックアウトしたときの構図とよく似ている。こちらも戦前の予想を覆すキッズ・ムービーの勝利で、その後「ホーム・アローン」はご存じの通り大ヒット街道を驀進することになる。「ベスト・キッド」もオリジナルの第1作目がクチコミを基盤とした超ロングランヒットを記録しており、リメイク版も息の長い興行を展開するポテンシャルはある。ライバルひしめく夏商戦を生き残り、2億ドルの大台を突破する可能性は低くないだろう。


批評家からの評判も非常によく、ジェイデンの父親譲りの魅力はもちろんのこと、我らがアジアのスター、ジャッキー・チェンを再評価する声も大きく、果てはアカデミー賞の可能性を示唆する票も出る始末。期待されていなかった分、反動は大きいようだ。次週、客層を食い合う「トイ・ストーリー3」が公開されるため大きな落ち込みは避けられないところだが、落ち込みを40%以内にとどめることが出来れば、2億ドルの可能性も見えてくるだろう。

小さな身体の強力なカラテ・キッドにKOされる形になってしまった「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」は、3535館の公開でオープニング興収2600万ドルと、事前の予想を大きく下回る不発。80年代に一世を風靡した人気TVシリーズの初映画化ということで反響も大きかったが、時代の波に乗り遅れたか、TVシリーズファンのハートを捉えきれなかったのか、ともかく1億1000万ドルという巨費を投じたスタジオの期待を完全に裏切る大コケとなってしまった。もっとも、主演のリーアム・ニーソンは、次々と書き換えられる脚本や撮影現場での混乱を前に、この結果をある程度予想していたようで、コケるべくしてコケたということのよう。当然批評家からの評価も伸びず、巻き返しの要素は全くなく、次週以降もさらに厳しい興行を余儀なくされるだろう。興収1億ドルの最低ラインをクリアするのもままならず、フォックスがもくろんでいたフランチャイズ化は泡と消えたようだ。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
ベスト・キッド Sony
$56,000,000
3,663
$56,000,000
1
2
N
特攻野郎Aチーム THE MOVIE Fox
$26,000,000
3,535
$26,000,000
1
3
1
シュレック・フォーエバー P/DW
$15,800,000
3,868
$210,052,000
4
4
2
Get Him to the Greek Uni.
$10,100,000
2,702
$36,500,000
2
5
3
Killers LGF
$8,170,000
2,859
$30,670,000
2
6
4
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 BV
$6,600,000
3,108
$72,300,000
3
7
6
Marmaduke Fox
$6,000,000
3,213
$22,278,000
2
8
5
セックス・アンド・ザ・シティ2 WB (NL)
$5,525,000
2,750
$84,745,000
3
9
7
アイアンマン2 Par.
$4,550,000
2,305
$299,311,000
6
10
8
Splice WB
$2,860,000
2,450
$13,071,000
2

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]